通関士の一日~その仕事内容について~

通関士の一日~その仕事内容について~

通関士は、さまざまな貨物の出入国を管理するスペシャリスト。荷物の持ち主に代わって、さまざまなチェックや、手続きを行います。さらに、関税をはじめとする税金の徴収を行うのかなどの判断にも関わり、貿易業界で非常に重要な役割を担っている職業でもあります。通関士の仕事内容ややりがいについてご紹介しましょう。

通関士の仕事内容

空港や貿易港で受け渡しが行われた貨物について、違法性の有無や税金徴収の判断は税関が行っています。通関士はこの税関に代わって貨物の書類的な手続きを行い、貿易や貨物の安全な取引をサポートするのが仕事です。
主な勤務先は通関業者。ここでは、通関手続きや書類作成の代行、関税計算書をはじめとする通関に関わる書類の審査などを行います。通関士は様々な企業や個人の手続きを代行する点から、貿易業界において、税理士や行政書士のような役割を果たしているといえます。
時に、日本へ持ち込んではならない危険物や、薬物などを水際で止める役割を担うために、安全の観点からも重大な責任を果たす通関士。日本では、国家資格の取得が義務付けられており、この試験の合格率は非常に低いことでも知られています。近年、試験の合格率が上昇傾向にありますが、通関士の人気も高まっていることから、試験の難易度も上がってきているようです。

国や渡航者の安全を守る責任感が求められる

通関士は、通関業を行う貿易会社以外にも、旅行会社や空港などさまざまな現場で活躍しています。ただし、いずれの職場であっても、やることが大きく変わるわけではありません。また、法律に関わる仕事のため、手違いが起きてしまうと重大なトラブルに発展してしまいます。それだけに、法令遵守の気持ちや、責任感が求められる仕事です。この点も、やりがいのひとつとして挙げられるでしょう。
また、空輸は海運に比べてコストが高い代わりに、精密機械や生鮮食品など時間勝負の取引をする現場です。時間のロスを生まないためにも通関士は、迅速で正確な手続き処理しなければなりません。集中力や円滑に業務をこなすための知識量、技術が総合的に求められます。

通関士はどのような就業形態で仕事をするの?

通関士の就労時間や就労体系は、基本的に雇用契約によって違います。例えば、空輸の現場では遅い時間まで手続きが必要なこともあり、早番と遅番でシフト勤務という企業も珍しくはありません。
また、通関書類の作成や所定手続きを行う業務がほとんどのため、基本的にはデスクワークとなります。通常のサラリーマンと同じように、所定の時刻に出勤して、その日に行わなければならない作業をこなしていくのが日課となるでしょう。

通関士は会社の利益だけでなく、国益を損なわないようにする重要な仕事。現場ではスピードを求められつつもミスは許されません。しかし、国を守るというこの職務は正義感や目的意識を持って仕事ができるはず。大きなやりがいにつながる職業といえるでしょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。