海外就職の際のポイントについて

海外就職の際のポイントについて

「海外で働いてみたい」と思ったことはありますか?それを遠い夢の話では終わらせないために、実際に海外で働くために押さえておくべきポイントをご紹介しましょう。

海外で働く際の一番の壁はビジネス英語

海外で働くということは、当然現地でのコミュニケーションが必要になります。
そこで活かされるものは、何と言っても語学力です。業種にもよりますが日常英会話だけでは不十分なことが多く、ビジネス英語をマスターしておく必要があります。

また、ビジネスの現場で求められる欧米型のスピーチ力やディスカッション力なども必要になってくるでしょう。日本のニュースではあまり伝えられていない国際時事問題や環境問題などの教養も同時に必要になります。

ビジネス英語をマスターするには独学か専門学校か

国内企業であれば、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験としては、TOEICが一般的です。
TOEICの学習であれば、参考書やCDを使った教材を使った独学でも、ある程度のレベルまで上げることは可能です。

ただし、そこが落とし穴になってしまうケースが多いようですから注意してください。
次にその理由をご説明します。

生きたビジネス英語にも接すること

ひたすら参考書やCDを使った教材を使った独学のみで学んでいると、TOEICが900点台なのに会話がスムーズに出来ないという人が出てきてしまいます。
ビジネスの現場は、常に現在進行形で変化し続けています。参考書やCDを使った独学ではタイムラグが発生するため、少し前のビジネス英語しか学べないという弱点があります。

高度な英語力と同時に、国際社会で通用する教養や論理的思考力を養うためには、机の上の勉強だけでなく、実際に言葉を使う経験を積んでいく必要があります。
現在のビジネスの生の情報を、直接人から学ぶことができる利点を考えると、ビジネス英語の専門学校に通うのが一番合理的で近道だと言えるかもしれません。

英語だけではない!? やっておくと有利なこと

英語以外にも今からやっておくと良いことがあります。それは、「ボランティア経験」です。
「何をして、どんな結果を得たのか」を求められることが多い海外企業では、自身が身をもって体験したことは大きなアピール材料であり、強みになります。
海外でのボランティアであれば、語学力や国際感覚を養う上でも有効ですし、国内であっても、貴重な体験ができるでしょう。

また、第二外国語として他の言語がビジネスレベルまで出来ると、アピールになります。
特に中国語は重宝される傾向にあります。資格としては、中国語検定や中国語コミュニケーション能力検定があります。

専門学校ではビジネス英語だけでなく、実際の海外就職をバックアップしているところもあるようです。自力で海外の就職先を探すのが心配という人であれば、なおさら心強い味方になってくれるでしょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。