グランドスタッフになるには

グランドスタッフになるには

キャビンアテンダントやパイロットのように航空機に搭乗せず、空港で働くスタッフをグランドスタッフといいます。
グランドスタッフにはチェックインや発券、予約などの対応を行うカウンター業務から、ゲートと呼ばれる旅客を機内へ誘導する業務、事前に各フライトの旅客データを整理する業務や、座席トラブルや個別の要望に対応する業務まで、様々な職務がありますが、ここでは主にカウンターなどで旅客にサービスを提供するスタッフについて解説します。

フライト時間を間違えて遅れて空港に到着した旅客を迅速に出発ゲートまで誘導したり、チェックイン後に迷子になってしまった旅客を捜したりと、フライトを定刻通りに運行させるために、広い空港内を走り回ることもあり、体力を必要とする仕事です。
さらに、各国からの旅客を案内するための語学力と、クレームなどに対応できるきめ細やかな接客スキルが求められます。

グランドスタッフになるには

グランドスタッフの多くは航空会社や空港が設立した地上職専門会社などに所属しています。また、派遣会社から派遣されているスタッフも多くいます。
グランドスタッフになるには、大学や短大、専門学校などを卒業後、それぞれの会社の採用試験を受けることになります。応募条件としてTOEIC550点以上、英検2級程度といった規定の英語力を満たしていることを挙げる会社もあります。

航空業界を目指す人向けの観光系の専門学校もあり、エアライン科やグランドスタッフ専攻といったコースを設けている学校もあります。また、外国語専門学校からグランドスタッフを目指す人もいます。大学や短大では観光関連、外国語関連の学部や学科に進むことが有利です。
どの進路を選ぶにしても、高い語学力と教養を身につけることが大切です。

採用情報のチェックは欠かさずに

前述した通り、グランドスタッフの採用は航空会社や空港の地上職専門会社がメインになります。採用条件は会社によって、また年度によって様々です。グランドスタッフを目指すなら、各社ホームページや専門雑誌などで最新の採用情報を収集することが重要です。

航空業界を目指す人向けの専門学校では、情報収集の点で有利になります。また、同じ業界を目指す仲間との情報交換を行うことができます。

英語以外にも必要な要素はたくさん!

グランドスタッフの選考方法は多くの場合、履歴書やエントリーシートなどの書類選考から始まります。自分の長所をアピールし、印象に残る応募書類を作成しましょう。書類選考を通過したら、筆記試験、面接(グループディスカッション含む)と進みます。面接は日本語が中心ですが英語で行う場合もあるようです。
英語力はもちろん大切なのですが、同じくらい重要なのが国語力。敬語を正しく使えたり、美しい日本語を磨くことはとても大切です。
また、同様に美しい所作や立ち居振る舞いを身につけることも重要です。
これらはグランドスタッフの実務に欠かせない要素として、書類、面接などの場でチェックされます。普段から心がけておきましょう。

グランドスタッフはマニュアル通りにいかない仕事です。トラブルに臨機応変に対応できる柔軟性、旅客に伝えるべきことを正しく・簡潔に伝えるコミュニケーションスキル、そして早朝から深夜までのシフト勤務で広い空港内を走り回る体力……グランドスタッフには様々な資質が求められます。
グランドスタッフは航空会社や空港の顔として、旅客の笑顔をサポートする大切な役割を担っています。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
11/4(日) 11/18(日) 12/9(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。