グランドスタッフの労働時間や休日は?

グランドスタッフの労働時間や休日は?

毎日時間に追われつつ、空港内を走り回りながら業務をこなすグランドスタッフの仕事ですが、1日にどのくらいの労働時間があるのでしょうか。
また気力・体力が必要な仕事だからこそ、休日はしっかり取りたいですよね。そこでこれからグランドスタッフを目指す皆さんが、仕事に就く前に知っておきたい1日の労働時間や休日の日数やタイミングなどを紹介します。

グランドスタッフの労働時間について

グランドスタッフは早番・遅番といったシフト制勤務になっているそうです。早番は6時前後から14時過ぎぐらいまで、遅番は14時ぐらいから23時頃までというような勤務時間が基本だそうです。

会社によって多少違うようではありますが、食事休憩の時間はどちらも勤務中にありますので、それを除いた実働時間はだいたい8時間ぐらいということになるようです。

ただし天候などによる飛行機の発着遅れや緊急事態が発生した時などは、この勤務時間通りというわけにはいきません。グランドスタッフはもともと勤務時間帯も一般企業のオフィス勤めとは違いますが、シフト制をとっていても、定時で必ずしも上がれる仕事ではないということは、心得ておいた方がいいようですね。

できるだけ勤務地近くに住む

このようにグランドスタッフの勤務は、早番の時は早朝からですし、遅番の時には、状況によっては深夜までの勤務になることもありますので、自宅が遠いと電車で通うのが厳しい場合もありますよね。

そこで通勤圏内から自宅が離れている人は、会社の寮に入るか空港から近い所に引っ越すようです。そうすれば通勤も楽になりますし、早番の早朝出勤時や遅番の深夜帰宅時には一定の送迎があるそうです。
 

出勤日と休日の日数は?


それでは、グランドスタッフの出勤日サイクルや休日はどのようになっているのでしょうか。グランドスタッフは、早番・早番・遅番・遅番と4日出勤したあと2日間休みというのが通常の勤務サイクルだそうです。そうすると1ヶ月にだいたい10日ぐらいの休日があるということになりますね。基本的には週休2日超という計算になります。ただし土日祝日も含めたサイクルですので、平日が休みということも多いようです。

また正月休みやゴールデンウィーク、夏休みなどは空港利用もピークとなりますので、有給休暇があっても取るのは難しいはずです。土日祝日も休みとは限らず、決まった曜日の休みもない。皆が長期休暇を取る時には忙しくて休めないとなると、友だちと予定を合わせて出かけることは、なかなか難しくなってしまいそうですね。

自分なりの方法でリフレッシュ

不規則な勤務で体力も使うので、勤務時間外や休日をうまく利用してリフレッシュすることが大切ですね。友だちと予定を合わせるのは難しくても、混み合っていない曜日や時間帯に、買い物やレジャーを楽しむことができますね。

休日は2連休なのですから、体を休める時間もしっかり確保することが可能です。また旅行などはオフシーズンに出かければ、渋滞などで時間を無駄にせずに旅を満喫できるはずです。グランドスタッフになっても、自分なりに上手にリフレッシュする方法はきっと見つかるのではないでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。