グランドスタッフの仕事内容

グランドスタッフの仕事内容

清楚な制服に身を包み、空港内できびきびと働くグランドスタッフ(空港業務スタッフ)に憧れているという方も多いのではないでしょうか。しかし、実際のグランドスタッフの仕事内容はどのようなものか知らないという方もいらっしゃるでしょう。ここでは、気になるグランドスタッフの仕事内容についてご紹介します。

グランドスタッフの仕事内容は?

グランドスタッフの仕事は主に、空港を利用されるお客様の接客業務。チェックインカウンターでチケットの発券や荷物の計量などを行う「搭乗手続き」や、搭乗ゲートや到着ゲートでのアナウンスをしたり、搭乗客のお出迎えやお見送りなどをする「搭乗までのご案内」を行います。また、お客様が無くした物を探したり、破損した荷物の補償や修理の窓口となる手荷物係という仕事もあります。

グランドスタッフの業務の流れ

グランドスタッフはどのような業務を、どのような流れで行っているのでしょうか。グランドスタッフが1日に行う業務の流れは、大きく3つに分けることができます。

1.ブリーフィング

出社後制服に着替えたら、「ブリーフィング」と呼ばれる打ち合わせを始めます。その日の予約率や満席便の報告や、前日からの引き継ぎ内容、注意事項などを確認します。

2.カウンター業務

担当のカウンターにて業務を開始します。チケットの発行やチェックインなど利用客の対応をしながら、お客様や荷物の数など、便の状況を担当部署に伝える社内の連絡業務も並行して行います。

3.業務の引き継ぎ

業務を終える前に、遅番あるいは翌日の早番のスタッフへ業務の引き継ぎや1日を振り返りのためのブリーフィング(打ち合わせ)が行われます。
その後オフィスで事務処理をしたり、翌日業務分の仕事の準備をしたら退社します。

グランドスタッフは多くの場合早番、遅番というシフト制なので、人によって出社時間や業務の順番、食事休憩の時間などは異なります。

グランドスタッフならではやりがいと大変さ

グランドスタッフが一番やりがいを感じる瞬間は、お客様から「ありがとう」と感謝を伝えられたとき。空港を利用しているお客様と一番近くで接することができるので、自分がお客様のためにしたことに対して、直接感謝の気持ちを伝えてもらえることも多く、大きな喜びを感じることができます。

そして、飛行機を予定通りに運行させられたときに感じる達成感。飛行機のフライトは原則綿密な飛行スケジュールが組まれており、グランドスタッフもその時間通りに運行できるように予定を組んで動くことになります。天候などその日の状況で出発や到着時間が急遽変更となったり、ときには欠航が起きたり、飛行機が戻ってきてしまうこともあります。スタッフ同士で協力し合い、そういった大変な状況を乗り越えたときには大きな達成感を感じることができるのです。

グランドスタッフの仕事は、毎日たくさんのお客様と直接触れ合う仕事。スケジュール通りに飛行機が飛ばなかったときなどは特に、多くの対応をしなければならなりません。やむを得ないフライトスケジュールの変更がクレームに発展するときもあります。そんなときの対応は、想像以上に大変です。華やかなだけでなく、大変なことも多い仕事ですが、そのようなつらさがあるからこそ、「ありがとう」と感謝されたときに大きな喜びを感じることができるのかもしれませんね。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。