ホテルの仕事を専門学校で学ぶメリットについて

ホテルの仕事を専門学校で学ぶメリットについて

ホテルの仕事に就くための道はさまざま。高校を卒業して就職する人もいれば、大学や短大などを卒業してから就職する人、また専門学校を出てからホテルに就職する人も少なくはありません。
複数ある選択肢のなかでも専門学校でホテルの仕事を学ぶ場合、どのようなことを学べるのでしょうか。ここでは、ホテルの仕事を専門学校で学ぶメリットについてご説明します。

専門的知識と実践力を身に付けられる

専門学校での学習内容は、ホテルごとの違いなどを学ぶ業界研究をはじめ、接客サービスに関する技法やマーケティング、経営学などのほか、就職で重視される英会話の授業などがメインで行われます。ホテルでの仕事に必要な知識を、1から勉強することができます。

また学校内だけでなく、実際にホテルに行き現場での研修も行います。在学中にホテルで働くことができるので、早い時期からホテル業界に対しての知識や理解が深まるのはもちろん、自分に大きな自信をつけることができます。就職活動時の面接でも十分にアピールすることができるでしょう。また海外留学ができる学校もありますので、自分次第で道をさらに広げることができます。

ホテル業界で必要な専門的知識を集中的に学びながら、現場で使える接客方法などの実践力を身に付けられるのが専門学校の特徴です。

ホテルの専門学校へ通うメリット

ホテルの専門学校は、ホテルへの勤務経験がある講師が在籍していることが多いので、先生の経験談などリアルな仕事内容などを聞くことができます。また就職サポートが充実しているのも魅力。求人情報もホテルから直接来ることが多いため、就職がしやすいと言われています。中には、毎年数多くの学生を一流ホテルへ送り出している実績をもつ専門学校もあります。
そして、「目指すはホテルマン」という同じ道を志す人たちと多く交流できるのも、専門学校の魅力。卒業後も仕事の相談や情報交換ができるなど、頼れる仲間ができるでしょう。

専門学校への通学期間や学費はどのくらい?

ホテルの専門学校は2年制の学校が多いですが、1年制や3年制のところもあります。また夜間コースを設けている学校もありますので、昼は働きながら、夜はホテルマンになるための勉強をするという方もいます。

学費は専門学校によってかなり差がありますが、2年制のホテルの専門学校での場合、一般的には入学金や授業料を合わせて190~300万円ぐらいだといわれています。そのほかに教材費や実習にかかる費用、学校の行事費、検定料などがかかり、これも学校に異なりますが、多いと1年で10万円前後がかかることもあります。気になる方は専門学校から資料を取り寄せるなどして、しっかりとチェックするといいでしょう。

いずれにしてもそれ相当の費用がかかりますが、分納できる学校やAO入学、奨学金制度など、学費をサポートする体制を取り入れている学校もあります。「専門学校でホテルマンとしての勉強をしたいけど学費が足りないから……」と考えていた方は、すぐに諦めてしまうのではなく、自分に合った学校や入学方法はないか改めて探してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。