留学先紹介! ショアラインコミュニティカレッジの魅力

留学先紹介! ショアラインコミュニティカレッジの魅力

日本では昨今、グローバル化の重要性が叫ばれており、海外への留学を志望する学生が多くなっています。ただ、ひと口に海外留学といっても、実にさまざまな形態があります。そのひとつとして注目を集めているのが、アメリカの公立2年制大学であるコミュニティカレッジです。アメリカ各地には数多くのコミュニティカレッジがありますが、今回は、ショアラインコミュニティカレッジについて紹介しましょう。

まずはショアラインコミュニティカレッジを知ろう


ショアラインコミュニティカレッジがあるのは、ワシントン州ショアライン市です。設立されたのは1964年と、長い歴史を持つ公立の2年制大学で、年間約1万人もの学生が学び舎として利用しています。同校は、留学生の受け入れにも力を入れており、世界約30カ国、500人以上の留学生に留学先として選ばれています。

数あるコミュニティカレッジの中には、入学するに当たってTOEFLのスコア提出が条件とされていることもあるものの、ショアラインコミュニティカレッジではTOEFLのスコア提出は必要ありません。ただし、入学する際に英語力の判定試験を受ける必要があり、その試験結果を元に、個々の実力に合わせてクラス分けがされるので、自分のレベルに応じた授業でより効率的に学ぶことができるでしょう。
また、ショアラインコミュニティカレッジで学んだ後は、アメリカ人だけでなく留学生も、実力があれば4年制大学への編入が可能なので、向上心がある生徒はさらに高いステップを踏むこともできます。

どんな分野について学ぶことができるの?

実際に留学を検討する人にとって気になるのは、「自分の専攻したい分野があるのかどうか」という点でしょう。ショアラインコミュニティカレッジに用意されているのは、大まかに分けて、「大学編入を目指すコース」、「就職を目的とした職業訓練および専門教育のコース」、「英語学習コース」、「高校修了資格取得コース」です。

特に、職業訓練コースは会計学やミュージックテクノロジー、ビジネス・テクノロジーなどと充実したプログラムとなっており、さまざまな分野から専攻したい分野の選択が可能です。

学校周辺の生活環境や治安は大丈夫?

不慣れな土地である海外で生活を送るとき、治安は何よりも優先すべき問題です。その点、ショアラインコミュニティカレッジは、閑静な住宅街にあり周辺の治安も比較的良いとされるため、安心して学業に勤しむことができるはず。

また、シアトルの中心部へバスで簡単にアクセスできるなど交通の便もよく、学業面だけでなく土日の過ごし方にも困ることは少ないでしょう。鮮やかな緑の森林や雪山を眺めることができる、自然に恵まれたシアトルは、アメリカでも理想的な生活環境が整うエリアと言えます。

留学の際に掛かる大まかな費用

それでは、いざショアラインコミュニティカレッジへ留学する際には、どのくらいの費用が掛かるのでしょうか。以下で項目別に挙げてみました。

  • 申込料:50ドル(およそ6,000円)
  • 授業料(教科書代、諸費用込み):1年間で約10,470ドル(およそ128万円)
  • 生活費:1年間で約7,998ドル(およそ98万円)

ショアラインコミュニティカレッジへ留学する際には、おおむね上記の費用が必要になります。ただし、ホームステイ先の条件によって費用が増減する可能性があるので、あくまでも目安として捉えてください。

ショアラインコミュニティカレッジは、豊富な職業訓練コースがあるだけでなく、コロンビア大学を始め、全米各地にある有名4年制大学への進学率が高いことでも知られています。今後の将来を決める上で、非常に充実した学習環境が整ったカレッジなので、留学先を検討されている方は、ぜひ候補先のひとつとしてチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。