バスガイドの仕事内容

バスガイドの仕事内容

バス旅行の満足度を上げてくれるバスガイドは、女性を中心に人気の職業です。皆さんの中にも、魅力的な話題で乗客を盛り上げてくれるバスガイドの姿に、一度は憧れを抱いた人がいるのではないでしょうか。特に、小さい頃の修学旅行でそんな気持ちを抱いた人は多いはずです。
そこで今回は、バスガイドの仕事内容について具体的にご紹介していきましょう。

バスガイドの代表的な仕事内容を知っておこう

バスガイドの仕事と言えば「施設案内」、「レクリエーション」といったものを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はそれだけではありません。ここでは主な仕事をいくつか挙げてみましょう。

車内サービス全般

バスガイドとしての最大の仕事は、バスの車内にて乗客の皆さんを楽しませることにあります。また、お客様の乗降誘導や乗客の体調管理などに気を配るのも大切な仕事です。

運転手の補助

目的地での駐車時や狭い道でのすれ違いの際には、運転手の運転誘導を行う場合もあり、安全を守るための大切な役割を担っています。また車内点検もバスガイドの仕事です。

観光案内

目的地や道中では、お客様に観光地の案内を行います。歴史や観光名所、名産品など、各地における豊富な知識が必要になってきます。きちんとこなすには講習に参加したり、自身で勉強するなど相当な努力が求められます。

バスガイドが活躍するのは観光ツアーだけではない

バスガイドが活躍する場面は、観光ツアーだけではありません。例えば、学生の修学旅行や社員旅行といった集団旅行でのシーンも活躍の場となります。この2つの意味をよく混同されがちですが、その内容は全く異なります。

観光ツアーは各種旅行会社が内容をプランニングしたものである一方、集団旅行はお客様自身でツアーの内容をプランニングしたものなのです。
ただ、仕事内容にはほとんど違いはなく、上記で挙げたような、車内サービス、現地に到着してから観光地の案内を行います。

このほかに、冠婚葬祭でバスガイドが活躍することも。冠婚葬祭にご出席、ご参列される方たちの乗降誘導を担当し、スムーズな進行をサポートする仕事です。

このように、バスガイドはツアーだけではなくさまざまなシーンで活躍しているということを覚えておきましょう。

バスガイドになるにはどうすればいい?

バスガイドになるには、観光バス会社に入社するのが一般的です。高卒以上の条件で募集をかける会社が多く、特別な学歴や資格は原則必要ありません。やる気と熱意さえあれば誰でも目指す職業と言えるでしょう。

会社によっては入社後にツアーコンダクターの資格である「国内旅程管理主任者」の取得を義務付けているケースがあります。

また、バスガイドを育成する科がある、観光系の専門学校の卒業者は、知識とスキルが身に付いていると判断され、就職が有利になることがあります。
選択肢を増やしたい人は入学を検討してみるのも良いかもしれません。

お客様を満足させるための情報収集を!

お客様を満足させるためには、通常の業務にひと工夫を加えることが大切です。例えば、1日中観光のことばかりを話していては、その内容が事務的に感じるお客様が出てきて、せっかくの楽しい時間を台無しにしてしまいます。

そのような状況を招かないためにも、ときには旬の話題を盛り込んだりして話題の幅を広げるように努めてみましょう。時事情報などを常日頃からチェックするのもバスガイドの大切な仕事内容のひとつです。

どの仕事にも通じることですが、バスガイドの仕事も楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあります。慣れるまでにはそれなりの時間を要するでしょう。
しかし、お客様が笑顔を見せてくれたときの充実感は、この仕事ならではのやりがいがあります。ぜひこちらで紹介した内容を参考に、素敵なバスガイドを目指してみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。