旅行業務取扱管理者について

旅行業務取扱管理者について

就職先として人気の高い旅行業界。旅先の魅力を伝え、お客様が満足する旅行プランを組むことは大変ですが、旅をご案内してお客様に「ありがとう」のひと言をもらえた時には、非常にやりがいを感じる仕事です。
ここでは旅行業界での仕事に役立つ「旅行業務取扱管理者」の資格についてご紹介します。

旅行業務取扱管理者ってなに?

旅行業務取扱管理者は、旅行に関する企画、提案から契約までを引き受ける旅のエキスパートで、旅行業界唯一の国家資格になります。
旅行は、洋服や家具などとは異なり、実際に商品を見て購入することはできませんし、旅行が満足のいくものでなかったからといって返金を要求することもできません。
そのため、旅行の契約を締結する際には、旅行に関する取引内容を丁寧に説明することが旅行業法によって定められており、その業務を行うのが旅行業務取扱管理者になります。

主な業務内容は、「旅行に関する広告が適切かどうかの確認」、「旅行に関してクレームが出た場合の対処」、「料金表の確認」など多岐に渡ります。
旅行業務取扱管理者は、各営業所に1名以上配置することが法律によって義務づけられており、その営業所内での旅行業務の管理・監督責任を負うことになります。旅行会社にとって欠かせない存在であると言えます。

旅行業務取扱管理者の種類

旅行に関して総合的に管理、監督をする旅行業務取扱管理者の資格は、取り扱う旅行の範囲によって2種類に分けられています。
国内の旅行業務の取り扱いのみを許可されているのが「国内旅行業務取扱管理者」で、国内外の旅行業務の取り扱いを許可されているのが「総合旅行業務取扱管理者」です。
国内旅行のみを扱う旅行会社に総合管理者を選任することは可能ですが、国内外の旅行を取り扱う旅行会社に国内管理者を選任することはできません。
また、授業員が10人を超える営業所の場合は、有資格者を2名以上選任することが決まりとなっています。

旅行業務取扱管理者の受験条件

旅行業務取扱管理者の資格は観光庁長官が行う国家試験に合格すれば取得できます。
いずれの資格も受験資格や年齢制限はなく、学生から社会人まで幅広い層が受験しています。国内管理者は総合管理者の試験よりも比較的難易度が低いので、旅行業界への就職を目指す学生が多く受験します。
一方、総合管理者の試験は難易度が高いので、既に旅行業界で働いていて、ある程度知識のある社会人が受験することが多いようです。

この2つの試験は異なる日程で行われるため、同じ年に両方の試験を受けることが可能です。どちらの試験を受けるか迷った場合は、両方の試験を受けてみるのも良いかもしれません。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
11/4(日) 11/18(日) 12/9(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。