職業 2019年3月7日

専門学校の面接の自己PRをうまくやりたい!

入学試験にはさまざまな種類がありますが、ほとんどの場合で行われるのが面接です。 形式は学校によって異なりますが、個人面接、グループ面接のどちらであっても、しっかりと自分をアピールすることが大切です。 そこで今回は、専門学校の面接で上手に自己PRをするための方法についてご紹介します。
“>

面接ではどんなことを聞かれるの?

しっかりと自己PRするためには、面接でどんなことを聞かれるのかを知っておく必要があります。事前に答えを考えていくことで、スムーズに対応することができます。 面接でよく聞かれる定番の質問といえば、「志望動機」。面接官は、なぜその分野を目指しているのかだけでなく、同じ分野の専門学校がたくさんある中で、その学校を選んだ理由を聞きたいと思っています。また、学校に対してどういうイメージを持っているかや、その受験生にどのような目的意識があるのかなどを確認するという意図もあります。 「入学後にやりたいこと」も面接でよく聞かれる質問です。その学校でどんな知識や技術を身に付けたいのか、卒業後の仕事にどのように役立てたいのかなど、この質問には学生生活における目標や将来のビジョンを確認するという意図があります。 「オープンキャンパスに参加した感想」などを聞かれることも多いようですが、これには実際に学校を訪れて魅力を感じた点や印象に残った点などを聞きたいという意図があります。

面接のときに気を付けたいこと

自分の良さを伝えるつもりが、言い方を間違えて、逆に悪い印象を与えてしまうことがあります。そうならないためにも、以下の内容や話し方に注意しましょう。

・模範すぎる回答

面接官は受験生であるあなた自身について知りたいと思っています。しかし、テンプレートのような模範回答ばかりをしていては、全く伝わらないどころか、自分の考えを持っていない受験生として評価が下がってしまいます。多少たどたどしくなってしまってもいいので、あなた自身の考えをあなた自身の言葉で話すようにしましょう。

・話すスピードにも気を付ける

人は緊張すると、つい早口になってしまうもの。しかし早口になりすぎると、せっかく自分の考えをしっかりとまとめて述べても、面接官にうまく伝わらないことがあります。 気持ちゆっくりとしたスピードで、はっきりと話すことを心がけましょう。

・余計な事は話さない

聞かれていないことまでしゃべってしまうと、本当に伝えたかったことが薄れてしまい、印象に残らない可能性があります。聞かれた質問について、的確に答えるようにしましょう。 自信を持って面接を受けられるように、学校の先生や友達に協力してもらい、模擬面接を何度もこなすことが大切です。面接に慣れておくことで、入試の際に過度に緊張してしまうことを防げます。 また、その専門学校についてよく知っておくことが大切です。オープンキャンパスや学校説明会などに積極的に参加したり、学校の資料を読み込んでおくと良いでしょう。

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・イベント情報

3月イベント日程

3/10(日) 3/24(日)

予約受付中

写真で旅行するホスピ

写真
写真
写真
写真
写真