専門学校に入るための入学試験の内容は?

専門学校に入るための入学試験の内容は?

専門学校に通うためには、入学試験を受けて合格しなければなりません。入学試験には、いくつかの方法がありますので、受験予定の方はその種類について知っておきましょう。
ここでは、専門学校が一般的に行っている入学試験についてご紹介します。

AO入試

面接によってその受験生の能力や適性、学ぶ意欲や目的意識などを審査する入学試験です。一芸に秀でているかが選考基準に加えられることもあります。中には、書類選考のみで合否を決定する専門学校もありますので、地方から受験する場合は、わざわざ受験校まで出向く必要がないというメリットがあります。
AO入試は、東京都ではエントリー開始が6月1日、出願期間が8月1日となっており、複数回の出願受付をしているところが大半です。地域によってエントリー時期や出願時期は異なりますのでよく確認しましょう。合格発表の時期は、面接から10日前後という専門学校が多いようです。

高校からの推薦は不要であることが多く、出願のタイミングがほかの入学試験より比較的早いので、合格した場合早期に進路を決定することができます。卒業まで高校生活を思いっきり楽しめるというメリットがあります。
また、AO入試での合格者から優秀者を選考し、授業料の割引などを行っている専門学校が多いようです。

推薦入試

推薦入試の中で一般的によく行われているのは、「学校推薦」です。これは在籍している高校の学校長に推薦状をもらって、出願する方法です。
ほかには、指定した高校に対して設けた推薦枠の中で行われる「指定校推薦」、原則として高校生を対象とし、学校長や第三者からの推薦で受験できる「公募推薦」、また自己推薦文を用意することで受験できる「自己推薦」などがあります。
出願受付は複数回行われることが多く、10月1日から出願受付を始め、10月中に合格発表を行うという比較的早めのスケジュールで試験を行う専門学校もあるようです。

試験の内容は書類選考や面接が一般的ですが、小論文が課されることもあるようです。提出した内申書の内容や面接によって合否が判定されるので、学力試験が苦手な人に向いている受験方法だと言えます。

一般入試

一般入試の試験内容には書類選考や面接、小論文のほか、学力試験が行われることもあるようです。また、美術系や体育系など、専攻によっては実技試験もあります。
出願時期は11月から3月中旬まで複数回行う専門学校が多く、最も遅い時期に入試を受け場合は、3月下旬に合格発表があるため、入学式まで数日程度ということもあるようです。
一般入試は基本的に特別な出願基準がありませんので、自分が希望する専門学校を受験しやすいと言えます。また、高校卒業間際まで出願できるため、ほかの学校の合否を待ってから進学を検討することもできます。

入学試験の主な種類はこの3つになりますが、出願時期や試験内容などは学校によって大きく異なります。進学を考えている専門学校の入試についてしっかりと調べ、自分にあった入試方法や入試時期を決定しましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。