専門学校の選び方を知ろう

専門学校の選び方を知ろう

自分が進みたい分野が決まっていても、大学や短大、専門学校などさまざまな学校があるため、進学先を決定する際は悩みますよね。特に学校数の多い専門学校へ進学するのであれば、なおさらです。
そこで今回は、専門学校の選び方についてご紹介します。

授業や講師は充実しているか

まずチェックしなければならないのは、その専門学校ではどんな授業が行われていて、どんなことを学べるかということ。例え同じ分野の専門学校であっても、授業の内容が統一されているわけではありませんので、具体的な教科や実習の内容など、学校によって異なります。中には、専門的な教科以外に、一般教養の授業を行う学校もあります。
資料などでカリキュラムの特色を調べて、自分のやりたいことを学べる学校なのか、どれだけ現場に密着した知識や技術を学ぶことができるのかをチェックしましょう。
また、講師陣の充実度も気になるところ。なりたい職業に就くためには、その道の専門家から学ぶことが有効です。どういった経歴や実績のある講師が、どのくらい揃っているかなどもチェックしておきたいポイントです。

学校の施設は充実しているのか


学校の施設が充実しているかどうかは、しっかりと勉強するための重要な要素です。まずは、教室の広さ。学生がギュウギュウ詰めになって勉強するのは、決してよい学習環境とは言えません。また、騒音なども集中力を欠く原因になります。
学ぶ分野によっては、特別な施設が必要な場合もあります。調理師であれば調理実習室、キャビンアテンダントであればキャビンを模した実習室など、より実践的に学べる施設が揃っているかも専門学校を選ぶポイントです。

どんな資格を取得できるのか

専門学校で専門的な知識や技術を学んでも、卒業後の仕事に結びつけることができなれば意味がありません。希望する仕事に必要な資格(または、受験資格)を、卒業するまでに取得できるのかなどをチェックします。
また、資格を取得するための体制がきちんと整っているかも合わせて確認しましょう。中には、資格試験前に補習や模擬試験を行う専門学校もあります。

就職サポートはどのようになっているのか


知識や技術を得て、資格を取得したとしても、就職先が見つからなかったら元も子もありません。関連する業界からの求人情報が多く集まるか、卒業生がどういった企業に就職しているかを調べましょう。
また、その専門学校が就職活動に関してどのようなサポートを行っているかについても、きちんとチェックしておきたいですね。

入学後や就職活動時に後悔しないよう、進路は慎重に選ぶ必要があります。初めから1校に絞るのではなく、複数の専門学校をチェックして、比較することをおすすめします。
資料を見たり、学校の先生や先輩から話を聞くのはもちろん、オープンキャンパスなどに参加して自分自身の目で確かめた上で、進学する専門学校を選びましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。