大学生・社会人の方へ

あなたの挑戦を応援します!

Let's challenge!

すでに学校を卒業しているものの、もう一度、目標に向かって学び直したい─
大学・短大・専門学校、社会人、フリーターなどを経てトラベルジャーナル学園に再入学。
それぞれが目指す業界で働くという夢を実現した先輩たちの喜びの声をご紹介します。

既卒生 学びのPOINT

POINT1 多くの既卒生が在籍しているので安心

  • 2017年3月現在、56名もの既卒生が本学園で学んでいます。多くの既卒生が夜間部に在籍していますが、夜間部という理由で就職活動が不利になることはありません。

  • 在籍している既卒生とその割合グラフ

POINT2 ライフスタイルで選ぶ「昼間部」「夜間部」

  • じっくり学べて、充実のキャンパスライフを送れる!

    昼間部:例
  • 時間を有効活用し、昼は働いて夜に通学!

    夜間部ホテル科:例
夜間部について詳しくみる

POINT3 充実の就職支援体制

  • クラス担任・就職課スタッフ・カウンセラーによるトリプル支援システム
    本学園はクラス担任制。定期的に就職の課題を共有し、進路指導を行っています。また、就職課は頼もしい存在。各業界に精通したスタッフが、国内・海外就職を支援します。心理カウンセラー資格を保有するアドバイザーは、メンタル面から学生をサポートします。
  • トリプル支援システム
就職サポートについて詳しくみる

卒業生 INTERVIEW

ジェットスター・ジャパン(株)勤務
後藤 美桜さん
私立桜美林高校(東京)出身

夜間部を選んだのは、昼の時間を有効活用したかったから。在学中は英語の資格取得や海外留学など、充実した日々を送りました。卒業後はグランドスタッフ勤務を経て、あこがれの客室乗務員に。“Go Enjoy!”を合言葉に、快適な空の旅をお客様と共に楽しんでいます。

大学中退後
夜間部エアライン科入学

セルリアンタワー東急ホテル 勤務
高尾 有祐さん
県立桂高校(山梨)出身

一人暮らしのため経済的負担が心配でした。学費の安い夜間部を選択し、社員寮利用制度を活用。月々1~2万円でホテルの社員寮に住み、しかもホテルで働いて生活費を確保できました。夜間部なら自力進学も可能。可能性を捨てずに頑張った甲斐がありました。

大学中退後
夜間部ホテル科入学

(株)オリオンツアー 勤務
吉田 直之さん
県立池新田高校(静岡)出身

ホスピ入学時は24歳。学費や生活費の負担を減らすため、夜間部企業研修制度を使い、昼の時間は旅行会社で働きながら通学しました。ホスピは旅行業界での知名度が圧倒的に高く、就職に強い学校だと実感。就活支援ではたくさんの先生方にお世話になりました。

フリーターから
夜間部観光科入学

個人相談・オープンキャンパスについてもっと詳しく

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
10/8(日) 22(日)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。