シゴト図鑑とは
ブライダルの仕事

シゴトリスト ブライダルの仕事

ウェディングプランナー画

ウェディングプランナー

婚礼や結婚披露宴の多様化、個性化が進んでいる。
それだけに、ウェディングプランナ−(ブライダルコーディネーター)の役割はとても重要。
お客様の希望・予算に合わせながら、式や披露宴の段どりを決めていくプランナー。
そして、主役の新郎新婦を最高に輝かせる演出家、といった感じかな。

仕事の内容

結婚式といえば、昔は松・竹・梅のようにあらかじめ決まったコースを用意しておけば済んだ。ところが最近では、新郎新婦が細かいところまで決めるのが当たり前。限られた予算であっても、一生に一度の大イベントだから、やっぱり自分たちだけのユニークなものにしたい、ということなんだろう。日時や時間帯に始まり、式はチャペルか神前か、屋外か屋内か、披露宴会場は? 出席人数は? 衣装、料理、花、ウェディングケーキ、引き出物、写真、ビデオ、司会者、キャンドルサービスやスピーチなどの出し物、招待状は? …ってなぐあいで、もう大変。

そこで新郎新婦のお手伝い役として登場するのが、ブライダルコーディネーター。結婚式当日まで約3か月間にわたって何度も直接会って打合わせるか、あるいは頻繁に電話連絡などを取りながら、新郎新婦と共同作業で、結婚式という晴れの舞台の台本を書いていく。

やりがい・面白さ

長い時間をかけてお客様との信頼関係を築きつつ、セレモニーを作り上げていくクリエイティブな楽しさ。無事に披露宴が終わり、感謝の言葉をいただいたときの素直な喜び。こういうことが実感できる仕事はなかなか少ない。うわけ。

難易度・大変度

お客様によって価値観がまったく違うので、良かれと思ってしたことが裏目に出ることもある。出しゃばらず、引きすぎず。このあたりのサジ加減がとても難しい。

それにウェディングプランナーは、お客様と接する時間がとても長い。つまり、予約段階から婚礼当日までお付き合いがあるわけで、山あり谷ありの長丁場を乗り切る持久力も大事。

将来性

少子化による婚姻件数の減少、レストランでの挙式や海外ウエディングの増加などで競争は厳しくなる一方。だからこそ、ウェディングプランナーの仕事ぶりには、なおさら期待がかかる。

例えば、東京都内の某有名ホテルでは、婚礼予約のスタッフに未婚の女性を多く起用している。お客様と年齢が近い未婚者のほうが、自分ならどんな結婚式を挙げたいかというイメージが豊かで、親身になって相談に乗れる、というのがその理由だとか。

ページトップへ

Copyright © Travel Journal Educational Foundation. All Rights Reserved.