CA(キャビンアテンダント)の魅力的な仕事内容とやりがい

CA(キャビンアテンダント)の魅力的な仕事内容とやりがい

国内線・国際線の飛行機に乗り、機内サービスを行う「CA(キャビンアテンダント)」。今も昔も憧れの職業のひとつとして数えられますが、実際の詳しい仕事内容は意外と知られていないものです。そこで今回は、「なりたい職業ランキング」の上位常連でもあるキャビンアテンダントの仕事内容ややりがいについて詳しく解説していきます。

CAの主な仕事内容は?

CAの主な仕事内容を具体的に見てみましょう。

機内サービス

飛行機に搭乗するとき、降りるときの案内はもちろん、機内にいるお客さまが飛行機に乗っている間、安心してかつ快適に過ごすことができるように気配りをします。食事やドリンクなどの提供や、新聞、雑誌、毛布などの配布と回収、国際線の場合には免税品の販売やクレジットカードの勧誘といった営業的な業務を行うことも。
入国のための書類や税関申告用紙の書き方や、テレビやオーディオといった座席周りのエンタテインメント機器の操作方法を説明することも大切な仕事のひとつです。乗客のニーズにできるだけ応えるように努めるため、CAは機内サービスだけでも実に多くの業務をこなすことになります。

保安管理

キャビンアテンダントの仕事で最も重要なもののひとつが、お客さま安全を守る「保安管理」。非常用設備や客席の安全を確認したり、乗客に対して非常時の対応を説明したり、離陸前にハイジャックを起こしそうな怪しい人や他のお客さまの迷惑になりそうな人がいないかを確認するなど、機内の安全に欠かすことができない業務です。そして、万が一深刻なトラブルが発生した場合には、お客さまに状況を説明したり、緊急脱出のための避難誘導を行ったりします。

機内清掃

フライト中に出たゴミの回収や、飛行中に気分が悪くなって嘔吐したり、子どもが粗相をしてしまったりした場合の清掃もCAが担当します。国際線ではフライトの時間が長くなるため、トイレットペーパーの交換やゴミ箱の交換、洗面台の掃除なども行うことが多いようです。

CAの仕事のやりがい

CAの仕事には、どのようなやりがいがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

お客さまに満足してもらえたとき

CAはお客さまと直接関わる仕事ですので、サービス面や接客面などでお客さまのニーズにしっかり応えることができて、「ありがとう」と感謝の言葉をもらったり、喜んでもらったりといった反応をダイレクトに感じることができます。これまで学んできた知識や、経験を活かして、お客さまが喜んでくれるサービスを提供できることは大きなやりがいにつながるはずです。

無事にフライトが終わったとき

CAはお客さまに安全で快適なフライト時間を過ごしてもらうために、緊急事態や不測のトラブルに対して冷静に対応できるように厳しい訓練を重ねています。ひとつのフライトでしっかりと安全面の確保ができ、無事にお客さまを目的地まで送り届けることができたときには、肩の荷が下りたような安心感とやりがいを感じる瞬間です。

キャリアアップしたとき

CAになったからと言って、いきなり客室乗務員の業務を任されるわけではありません。採用されてから最初の2カ月間は初期訓練を受け、その後国内線での業務がスタートします。そして、経験を重ねるごとに、国際線業務、ファーストクラスでの業務と少しずつステップアップしていくのです。ある程度の勤務年数が来ると、リードキャビンアテンダントやチーフキャビンアテンダントなどの昇格への道も開かれます。努力と経験によってキャリアアップができるのは大きなやりがいのひとつです。

2020年の東京オリンピック開催を控え、今後その需要が高まることが予想されるキャビンアテンダント。大手航空会社では、採用数を増やす予定をしているところもあります。お客様の快適な空の旅を演出するやりがいのある職業を、ぜひ目指してみませんか?

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
8/20(日) 27(日) 30(水)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。