CAになるために必要な英語力とは?

CAになるために必要な英語力とは?

スタイリッシュなスーツにシルクのスカーフ、キャリーバッグを引いて空港を颯爽と歩く姿に魅せられて、キャビンアテンダント(旅客機の客室乗務員、フライトアテンダント)に憧れる人も多いでしょう。
キャビンアテンダントとは日本の大手航空会社で採用されている客室乗務員の呼称で、英語ではcabin crewやflight attendantと呼ばれます。

閉鎖空間である旅客機の客室内でサービスを行うキャビンアテンダントには、様々な資質が求められます。ハードな勤務に耐えられる心身を保つための自己管理能力、気遣いとそれに必要な準備を怠らないケア能力、そして乗客と会話のキャッチボールができるコミュニケーション能力です。
中でもコミュニケーション能力はとても重要で、母国語、外国語を問わず、高い語学力が必要になります。外資系航空会社だけでなく、国内の航空会社でも外国人の利用者が多いため、質の良いサービスを提供するためには、英語力は不可欠だと言えます。

近年ではTOEIC800点以上が基本ライン!?

日本の大手航空会社など非英語圏の航空会社は募集要項の中で、TOEIC600点以上を条件としているところが多いです。
ところが近年ではより高い水準が求められる傾向があり、実際に働いている人の中にはTOEIC800点以上のスコアをマークする人も少なくないようです。

同様の英語能力判定テストにTOEFLがありますが、これは米国の学校入学の際に基準とされるものなので、就職の際にはTOEICがふさわしいでしょう。

また、留学経験者も増えており、採用者の多数を占めると言われています。採用条件として提示される「公用語として充分に仕事をこなせる英語力」は、机上の学習で得た知識だけでなく、会話力が試されると言えるでしょう。

キャビンアテンダントは英語さえ話せれば良いというわけでもない

キャビンアテンダントになるためには、英語力が必要なことは確かだと言えます。
しかし、「英語力さえあればキャビンアテンダントになれる」というわけではありません。
キャビンアテンダントに必要なコミュニケーション能力は語学力だけに留まらず、母国語(日本語)の美しさ、愛嬌のある雑談力、相手の立場を思いやれる想像力など多岐に渡ります。

特に日本語を正しく使える能力は、国内、国外を問わず求められます。海外に拠点を置く航空会社が日本人をキャビンアテンダントとして採用する場合、日本人旅客へのサービス担当に据えることを念頭に置いている場合が多いようです。日頃から英語に限らず言葉を磨き、コミュニケーションを大事にするよう心掛けましょう。

外資系航空会社の機内通訳という仕事も

外資系航空会社の中には、キャビンアテンダントとは別枠で機内通訳を採用する場合があります。基本的にはミールサービスやドリンクサービスといった接客業務は行わず、英語力が充分でない旅客のサポートをメインに行うスタッフです。

国境をまたいで飛ぶ旅客機では、機内で入国管理などの書類を作成する必要があり、それらの書類は到着国の母国語と英語で書かれている場合が大半です。海外に渡航する際には最低限の英語をマスターしておきたいですが、中には充分な英語力を持たない旅客も存在します。そのサポートを行うのが機内通訳です。

機内通訳は高い英語力が求められることはもちろん、各国の入国や税関、検疫に対しての知識が必要になります。
基本的なサービスはもちろん、クレーム対応やトラブル時の安全確保など、起こりうる様々な状況に対応可能な英語力が必要になります。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。