海外で就職するために重要なこととは

海外で就職するために重要なこととは

将来は海外で暮らしたい、世界で働きたい!そんな夢を持っている人も多いでしょう。けれど具体的な方法がわからない、何から始めていいのか見当もつかない、そんな人もいるかと思います。そこで今回は、海外で就職するための方法について紹介します。

海外で就職したいなら英語と現地の文化について学ぼう

英語は多くの国で使える言語。英語をしゃべることができれば多くの国の人とコミュニケーションがとれます。海外では自分をアピールすることが大切。自分の考えや想いをアピールするためにも、英語を勉強しましょう。

日本では何かをアピールするとき「簡単な言葉でわかりやすく伝える」ことが大切ですが、それは他の国でも同様です。難しい単語や文法を覚える必要はありません。簡単な単語をおぼえるだけでも十分コミュニケーションは取れるでしょう。

また、住みたい国の文化や人柄を調べておきましょう。海外では日本にいる時と同様の生活はできません。郷に入れば郷に従えという言葉があるように、国によって生活様式や考え方はまったく違います。その国の文化や人柄を理解することが、海外における就職や生活を成功させるポイントです。

短期間でもいいので海外で暮らしてみよう

海外での就職を考えているなら、一度は海外に滞在したほうがなにかと有利です。ここでは、海外に滞在できるさまざまなプログラムをご紹介します。

ワーキングホリデー

外国で勉強や仕事を体験できるプログラムです。18~30歳(一部の国は18~25歳)の間で1年間、海外に滞在することができます。滞在している間にアルバイトをして現地の人々と触れ合ったり、滞在費用を稼いだりすることができます。

1年間滞在すれば、日本の語学学校では学べない、生きた英語を学ぶ機会もあるでしょう。また、将来海外で暮らしたいと考えている人は、仕事をしながら人脈を作っていくチャンスでもあります。その国で必要とされている技術を学べば、本格的な就職活動をするときに有利でしょう。

インターンシップ

ワーキングホリデーと比べると滞在できる期間は短いですが、仕事や地域交流をすることに特化したプログラムです。

このプログラムは仕事内容や期間、給料の有無など何種類ものプログラムが存在します。難易度もバラバラなので、自分のレベルと希望に合ったプログラムを選択できます。また、専門の講師やマネージャーが付く場合もあります。

単純な業務をおぼえるだけでなく、幅広い視野と知識を身につけられるのが大きなメリットです。

海外ボランティア活動

ボランティア活動を通して現地の人々と交流することに特化したプログラムです。まだ、英語が苦手な人も、安心して参加できるように現地にコーディネーターがいます。現地の子供たちと一緒に畑を耕すといった、簡単なボランティア活動ばかりなので、初心者向けのプログラムと言えるでしょう。

海外留学

海外の語学学校、または大学に留学するプログラムで学べます。留学をしている間は、最終的な目的である海外での本格的な就職活動に備えて人脈づくりをしましょう。また、学校で学んだことも就職活動に役立てることができるはずです。

海外で就職するためには事前に現地でさまざまな経験を積んだほうがよいでしょう。海外で働こうと思っている人は、ぜひ上記の内容を参考にしてみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。