海外インターンシップは就職に有利になるかも?

海外インターンシップは就職に有利になるかも?

海外で就職するためには経験が大事。現在はインターネットが普及したこともあり、海外の情報は日本にいても手に入りますが、現地で働かなければわからないことはたくさんあります。そこで、今回は海外で就職を考えている方向けに、海外インターンシップの魅力についてご紹介します。

研修生として海外の企業で一定期間働くことができるプログラムを海外インターンシップと言います。下記のようなことを考えている人にとって最適なプログラムです。

  • 外資系企業で働くために海外の企業で経験を積みたい
  • 英語をマスターして世界で活躍したい

海外インターンシップは現地で多くの経験を重ねながらたくさんの人脈を築きあげることができます。また、世界で通用する人材を育てていくプログラムなので、英語のスピーキング、ヒアリング、さらにはジェスチャーといった、多くのコミュニケーション術を学ぶことができるのも特徴です。

海外インターンシップの魅力


海外インターンシップの魅力をさらに詳しく説明します。

現地でしか得られない人脈を築ける

企業の一員として働くため、企業内の高い能力を持った社会人や取引先の優秀な人材と長時間ふれあう事ができます。観光や語学留学とは違った幅広い人脈を作ることができるでしょう。

ビジネス英語に触れる機会がある

学校で教わってきた英語とは違い、生の英語が聞ける現場にいるので、同僚やお客様とのコミュニケーションで実践英語を学べます。初めはうまく対応ができなくて不安になるかもしれません。しかし、失敗を恐れず常に前向きな姿勢を維持しながら、生きたビジネス英語に対応していくことが大事です。

現場でしか得られない経験ができる

海外インターンシップでは、日本国内では味わえない新鮮な経験がたくさんあります。

研修生として企業で働くことによって、海外の先進的な考え方や経営方法を学習できるため、グローバル化に対応した「次世代リーダー」に育っていく可能性が高まるでしょう。様々な考え方や文化の違いを持った人々と接するので、幅広い視野と価値観を手に入れることができるはずです。

これらの経験は就職活動において「他者とは違う」ことをアピールできる絶好の材料になります。面接では、海外インターンシップを経験したという事実だけを伝えるのではなく、インターンシップでどのような経験をして、何がどのように日本と違うのか?を具体的に伝えることが大切です。インターンシップで経験したことをうまく活用して就職活動を有利に進めていきましょう。

インターンシップはちょっとハードルが高いかも!?

将来、海外で働きたいと思っている人の多くは大きな不安を抱えていて、なかなか行動に移せずにいるようです。海外経験は欲しいけれど、インターンシップはハードルが高い……と思っている人は、「ホスピタリティ ツーリズム専門学校」の長期留学制度を利用して留学をしてみてはいかがでしょうか。「ホスピタリティ ツーリズム専門学校」に入学後、留学すれば現地で日本人スタッフが留学生活をサポートしてくれます。また、企業研修やボランティア活動をしながら、生きた英語を学ぶ機会があります。

海外での就職活動には、現地での経験が有利に働きます。上記でご紹介したさまざまなプログラムを利用して、海外での就職を実現しましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。