新幹線の運転手になる方法とその流れについて

新幹線の運転手になる方法とその流れについて

時速数百㎞で走る新幹線の運転士は、鉄道業界において人気のある仕事なので、新幹線の運転士を目指して鉄道会社への就職を志す人も少なくありません。しかし、ただやみくもに目指しているだけでは、なかなか夢を実現することはできないでしょう。まずは、新幹線の運転士になるためにはどのような資格が必要になるのか、また、どういったポイントを押さえておくべきなのかを知っておきましょう。ここでは、新幹線の運転士になるための方法とその流れを解説していきます。

新幹線の運転手になるための就職先に注意!

新幹線の運転手を目指すに当たって、まず注意しておかなければいけないのは、新幹線の管轄についてです。新幹線の管轄先と言えば、JR東日本やJR東海などが挙げられます。このうち、JR東日本の管轄となるのは、主に関東から東北の地域において、そして、JR東海の管轄は東京駅から新大阪駅までを繋ぐ地域です。

新幹線の運転士を目指すには、広範囲に渡って管轄区域を持つJR東日本への就職を考えても良いですし、JR東海やJR九州など、希望する地域がある場合はそれに応じて就職先を絞り込んでいっても良いでしょう。特に、希望する勤務先がある際には、希望に応じて就職先を選ぶようにしましょう。

必要な資格を取得するためのルート

新幹線の運転士になるには、当然そのための資格取得が必要になります。資格はいきなり取得できるものではなく、段階を踏まなくてはいけないため、きちんと計画を立てて取得を目指すことが大切です。

まずは、電車を運転する上で必要になる国家資格「動力車操縦者免許」を取得しましょう。この免許は、いくつかの種類に分類され、中でも「甲種電気車運転免許」という免許を取ることで、いわゆる在来線の電車を運転することができます。在来線の運転士を経験した後、キャリアを積み重ねて「新幹線電気車運転免許」の資格を取得することで、晴れて新幹線の運転士となることができます。

いずれの資格も実技はもちろん、運転理論を始めとした専門的な知識や適性も求められる難易度の高いものです。取得するためには、働きながらも絶えず勉強を続ける意志の強さが問われるでしょう。

憧れの新幹線の運転士になるためのポイント

上記の通り、新幹線を管轄する鉄道会社は限られているため、必然的に就職先も絞られてきます。新幹線を管轄していない会社に就職しても、当然新幹線の運転士になれる可能性はありません。

しかし、新幹線の運転士は鉄道業界の中でも非常に人気が高く、競争率の激しい職業です。専門学校で学ぼうと考えている際には、少しでも就職に有利になるよう、就職実績の高い学校を選ぶようにしたいところです。もちろん、最終的には本人の努力がものを言いますが、夢を叶えるためには、学ぶ場所を慎重に選ぶことも必要だと言えるでしょう。

新幹線の運転士は、たくさんのお客さまの命を預かるという性質上、非常に大きな責任が伴う職業です。そのため、夢を叶えるためには、人一倍の努力を強いられることとなるでしょう。ただし、責任のある仕事であるだけに大きなやりがいを得ることができます。新幹線の運転士になるまでは、簡単な道のりではないため、こちらで紹介した内容をしっかりと参考にして、新幹線の運転士を目指してみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。