車掌の仕事内容について

車掌の仕事内容について

誰もが一度は乗ったことのある電車。そこには、私たちを目的地まで安全に運んでくれる運転士と車掌の姿があります。
普段、接することはないけれど、そんな運転士や車掌の仕事が気になったことはありませんか?

ここでは、車掌をピックアップして、具体的な仕事内容や車掌になるための方法についてご紹介したいと思います。

具体的の仕事内容は?

車掌は運転士と共に、電車の運行にかかわる仕事で、お客様を目的地まで安全にご案内することが一番の任務です。

車掌の仕事内容は多岐に渡ります。

例えば、駅のホームに電車が到着する時には、ホームで待つ乗客の安全確認をします。運転士が気付かない危険を発見した時には緊急停止ブレーキをかけることもあります。
ホームでは、乗客の乗降が安全に行われているかを確認。発車の際には、再度安全を確認して、電車がホームを出るまで監視します。

その他にも、乗務して、到着駅名や運行に関する情報を伝える車内放送を行ったり、事故や車内での急病人などのトラブルに対応します。
また、車内の空調管理や車内での切符確認・精算なども車掌の仕事です。災害時には避難誘導も行わなくてはなりません。
改札口では清算やお客様のご案内業務も行います。
必要に応じて運行中のトラブルなどに関する書類作成も大切な仕事のひとつです。

安全に、そしてダイヤ通りにお客様を目的地まで運ぶため、電車の運行に関わるさまざまな業務をこなします。

車掌の仕事において大切なこと

電車を安全かつ正確に運行させるためのサポート全般が車掌の仕事です。時には1人で乗降することが難しいお客様のお手伝いをすることもあります。そのため、お客様から信頼される誠実さと気配りを忘れないことは大切です。
そして、どんな状況にも落ち着いて対応できる冷静な判断力や仕事の正確性も必要です。
また、常に健康であるように体調管理ができる人でなければなりません。車掌は、心身ともに健全であることが重要です。

車掌になるためには
大学や短大、専門学校を卒業してから車掌になる人もいますが、学歴は高卒以上でも問題ありません。高校を卒業して鉄道会社に入社してから車掌になる人も多いようです。

ただし、安全で正確な業務が求められるため、車掌になるためには「目が良いこと」が絶対条件になります。眼鏡等を使用した時の矯正視力が1.0以上、そして色覚が正常である必要があります。

また、入社後すぐに車掌になれるわけではありません。まずは駅での案内業務や改札業務を1、2年経験します。その後、車掌になるための試験を受け、いくつかの研修を受けて、やっと車掌として働くことができます。

車掌としての業務経験を積んで、運転士を目指す人も多いようですが、そのまま車掌としてキャリアアップをし、新人車掌を指導する立場になる人もいるようです。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。