空港グランドスタッフの専門学校で学ぶこと

空港グランドスタッフの専門学校で学ぶこと

空港で働く人といえば、まずは添乗員やパイロットが浮かぶかもしれません。しかし、空港で働く仕事は他にもたくさんあります。例えば、カウンターで旅客のチェックイン・搭乗手続きなどを行う「グランドスタッフ(空港業務スタッフ)」も大切な役割をもつ職種のひとつです。ここでは、空港グランドスタッフの勉強をする専門学校について紹介します。

航空業界の即戦力となる知識や技術を学べる学校

グランドスタッフは、これから飛行機へ搭乗するお客様の航空券の手続きをしたり、搭乗口までの案内、誘導を行ったりするのが主な仕事です。業務内容がお客様と直にコミュニケーションを取ることであるため、正しい身だしなみや言葉遣いを含めた、おもてなしの心が重要とされます。
そのため、空港スタッフを育てる専門学校では、一般的な礼儀作法や言葉遣いはもちろん、実際のグランドスタッフの業務内容について勉強することができるようカリキュラムが組まれています。さらに、現場に則した授業を行い、搭乗手続きや手荷物預かりなどの基本的な業務をこなせるよう、実務経験のある講師から指導を受けられるのも特徴です。

また、国際線の担当となった際には、外国人の方とコミュニケーションを取らなければなりませんので、グランドスタッフになるには英会話能力も必須。専門学校によっては、外国人の講師を招いて、業務で必要な英会話などを中心に学ぶことができる授業を実施しているところもあります。

専門学校なら短い時間で効率よく専門知識を吸収できる

専門学校には、空港業界で実績を持った講師が多く在籍しており、実際に空港で働いた経験を基にした授業を受けることができます。リアルな現場の雰囲気を知ることができますし、近年の雇用状況や職場環境に則した学習が可能です。卒業後すぐに働くことができる人材へ向けて、最短距離を進むことができるのが専門学校へ通う強みだといえるでしょう。
また、資格取得や現場研修にも特別なカリキュラムを取り入れている学校や、就職活動に際しても、万全のサポート体制が敷かれている学校もあります。

実際の現場で学べる研修

経験のある講師が授業をしてくれることだけが、専門学校へ通うメリットなのではありません。過去の就職実績や、学校の持つネットワークを利用して、本来一般人が立ち入ることのできない、現場での実習を体験できることも専門学校で学ぶことの魅力です。
教室で学ぶ知識が現場で使われていること知れば、エアライン業界へ就職するモチベーションにつながるもの。また、実際に仕事内容をみることで、それまで学んできた内容の理解をより深められます。研修を行うことによって即戦力として期待されることもあるので、就職活動でも有利になるでしょう。

グランドスタッフは、航空業界の中でも花形職種のひとつ。競争率も高い職業としても知られています。それだけに求められる人材の敷居も高く、必要な知識をいかに効率よく学べるかが大切。研修や実践教育の豊富な専門学校での経験は、就職活動でも有利になる要素として必ず活かすことができるでしょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。