ホテルマン(ホテリエ)の将来性を知ろう

ホテルマン(ホテリエ)の将来性を知ろう

ホテルマン(ホテリエ)を目指している方であれば、ホテル業界は現在どういった状況なのか、今後どうなっていくのかを知りたいという方は多いでしょう。
また、ホテルマンにはどういったものが求められるようになるのかも気になるところです。
ここでは、ホテルマンが活躍しているホテル業界についてご説明します。

現在のホテル業界には追い風が吹いている!

業界動向SEARCH.COM(http://gyokai-search.com/3-hotel.html)が発表しているデータによると、ホテル業界の主要企業の業界規模は2008年~2011年頃は減少傾向にありました。これは世界的な景気後退によるものともいえますが、それ以外に円高や原油高騰なども影響していたといわれています。さらに2011年3月に起きた東日本大震災の影響で日本へ観光やビジネスで訪れる人も減少し、国内の個人消費が節約傾向になるなどさまざまな理由から、ホテル業界は非常に厳しい状況でした。

しかし、2012年以降は東京スカイツリーの開業などをきっかけに、東京に所在するホテルの稼働率が回復傾向にあります。さらに円安やビザの緩和などによって海外からの観光客が増えており、今後は2020年に開催予定の東京オリンピックに向けて新しいホテルの開業や、大手老舗ホテルのリニューアルオープンが続くなど、現在のホテル業界には追い風が吹いていると言われています。

ホテルマン(ホテリエ)を取り巻く環境

近年のホテル業界は、魅力ある宿泊プランやデザイン性の高い設備などさまざまなアイデアを絞りながら、宿泊客の獲得を図っています。また、経済対策の主要な項目として日本政府が観光ビジネスに力を入れているということもあり、これからも外国からの観光客は増え続けることが予想されることから、今後外資系のホテルがますます進出してくることも考えられます。

今後ホテルマンに求められるのは……

今後のホテルマンに求められるものは上質なサービス提供はもちろんですが、今後増え続けると言われる海外からの利用者にも対応するため、より実践的な語学力や国際感覚が求められてきます。ホテルマンを目指す方は、これから必要とされるホテルマンの資質を備えるために、海外留学なども視野に入れるのもいいかもしれません。

気になるホテルマンの採用状況は?


ホテルマンの募集は基本的に毎年されているようですが、その募集人数に対して応募人数が多いため、倍率は高いです。また、新卒での定期採用枠を減らして、ホテルマンとしての能力を備えている人材を採用する方向に切り替えようとしている企業も増えつつあります。

ホテルマンとして少ない枠に採用されるためには、ホテルマンにとって必要な知識や実践力を身に付けておかなければなりません。学校に通いホテルマンになるための専門教育を受けるというのもひとつの方法ですし、もし「ここで働きたい」というホテルがあるのであれば、契約社員や派遣社員として経験を積んでから正社員雇用を目指すという方法もあります。

旅行客や観光客の増加が見込まれている2015年現在、ホテル業界であれば、今後求人が増加する可能性も考えられます。「ホテルマンになりたい」と憧れを持っていたという方は、追い風が吹いている今、その夢を叶えるチャンスではないでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。