女性が一人暮らしを始める際に知っておきたい防犯対策

女性が一人暮らしを始める際に知っておきたい防犯対策

女性の一人暮らしでは、高いセキュリティ意識を持っていることが求められます。どんな点に注目して物件を探し、暮らしの中では何を行えば防犯対策になるのでしょう。ここでは、これから一人暮らしを始める女性を対象に、知っておきたい防犯対策のポイントについて解説します。

物件を探す時はここをチェック

まずはどんな部屋に住むかが問題です。物件を選ぶ時、「こんな部屋なら安全」というチェックポイントを挙げてみましょう。

周辺の環境が良好

夜になると不審者が頻繁に出没したり、酔っ払いが増えるようなところにある物件は問題です。まずは治安のいい地域を選ばなければいけません。ただし、逆に夜間や昼間、全く人通りがなくなるような場所も問題。人通りが適度にあり、人目を避けて侵入しやすいような建物ではないことを確認しましょう。

中の様子が容易に分からないような部屋

1階の部屋はどんな住人が住んでいるのか覗きやすいというデメリットがあります。となれば2階以上がいいのですが、周囲のビルなどから覗かれやすい部屋もあるので注意してください。窓やベランダの構造も、外からは覗かれづらいものになっているかのチェックを。また、玄関のドアを開けると中が丸見えになるような部屋も避けた方が無難です。

オートロックの有無

女性の一人暮らしなら今やオートロックは必須と考えましょう。ただ、オートロックがあったとしても、住人が入る時に他の人が一緒に入りやすいような仕組みだとあまり意味がありません。入り口に人が常駐しているような物件であれば理想的です。

カギの種類

新入居の際に、以前使っていたカギを交換してもらえるかを確認しましょう。また、カギはディスクシリンダ、ピンシリンダと呼ばれるタイプだとそれほど安全性が高くありません。ピッキングに強いディンプルキーなどならより安心です。もしもカギが頼りないと感じたら、自分で交換が可能なのかも確かめてください。

窓やベランダの位置

空き巣などの侵入経路で最も多いのは窓、そしてベランダです。外から見て侵入が容易そうな窓がないか、よじ登れそうなベランダではないかもチェックしましょう。

手軽に設置できる防犯グッズ

手軽に自分で設置できる防犯グッズ、盗難対策グッズも賢く利用しましょう。一人暮らしでも利用できるものをご紹介します。

窓用補助錠

窓は一般的なクレセント錠は簡単にガラスを割って開けられるので、危なそうなところは二重ロックに。補助錠は自分でも簡単につけられます。

玄関用補助錠

玄関ドアも(ドアチェーン以外に)ダブルロックにしておくのが有効です。全部取り替えるとなると大変ですが、こちらも穴開け不要、ドアや壁を傷つけずに取りつけられる製品があります。

防犯カメラ・センサーライト

ベランダなどは防犯カメラやセンサーライトをつけると格段に安全性が増します。大げさすぎると思うなら、ダミーの防犯カメラも効果的。侵入者などにカメラがあるということを意識させましょう。

日頃から意識して防犯対策を

最後に、日頃から安全や防犯について意識しておくことも有効というお話を。例えば、夜道で歩きスマホをしている女性はとても危険です。まずスマホに気を取られていること、イヤホンをしていれば音も聞こえないこと、画面の光で顔が照らされている状況にあるということを考えてください。ひったくりや性犯罪者がその様子を見かけたら、格好のターゲットにされてしまいます。実際にこれは警察が警告していることでもあるので、十分に気をつけるようにしてください。

他には部屋にいる時、ドアの外に人が来ても、すぐにドアを開けないことも徹底してください。オートロックのマンションの場合でも、ドアを開ける前にもう一度ドアスコープやモニターで相手の顔を確認しましょう。また、窓には厚手のカーテンを使用して夜はきちんと閉める、ベランダに下着や女性の一人暮らしと分かるような洗濯物を干さないといったことにもきちんと注意を払いましょう。

「少し神経質かな……」と思っても、一人暮らしを始める時は十分慎重になって、安全性や防犯性を考えながら生活する習慣をつけるようにしてください。それがあなたにとって、最も効果の高い防犯対策になるはずです。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
10/8(日) 22(日)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。