専門学校へ入学予定の学生が部屋探しを始めるベストな時期とは?

専門学校へ入学予定の学生が部屋探しを始めるベストな時期とは?

多くの大学や専門学校で合格発表が行われる2月から3月にかけて、学生向けの物件を扱う不動産会社や引越し業者が繁忙期を迎えます。そのため、進学先が決まる時期に部屋探しを始めると、なかなか良い物件が見つからなかったり、入学式直前まで引越し業者の予約が取れず大慌てとなる可能性もあります。
できれば、受験が始まったタイミングで学校周辺の環境をリサーチしたり、部屋の、家賃や間取りなど部屋探しで必要な条件をまとめておくのがベストです。
ここでは、具体的な部屋探しの方法をお伝えしていきます。

内見を始める時期は?

不動産会社で公開している物件情報(間取り図・築年数・設備など)だけでは、部屋の様子を詳しく知ることはできません。気になる物件があったら必ず、物件の「内見(ないけん)」をするようにしましょう。内見をすることで、部屋の隅々まで状態を確認することができ、周辺の環境や学校、駅までのアクセス状況を把握することができます。

では、内見はいつ頃から始めるのが良いのでしょうか。4月の入学にあわせて3月中旬までに引越し、入居するのであれば、1月中に内見を済ませて候補を絞り込み。2月中に入居申し込みをして、契約手続きを完了させるのがベストでしょう。

契約では、賃貸契約書などの必要書類の提出、敷金、礼金、仲介手数料を支払う必要があります。不備があれば、希望日に入居できない可能性もありますので、不動産会社の担当者によく確認しながら準備しておくようにしてください。

家賃スライド制度の活用

賃貸契約が完了すると、入居の有無に関わらず契約日以降の家賃が発生します。3月に入居するのに対し1月に契約を完了させれば、実際に住んでいなくても家賃を支払わなければいけません。人気のエリアで「いま契約をしておかないと物件を抑えられない」という場合は、出費が増えてもやむを得ないと考える人も多いはずです。

そこで知っておきたいのが「家賃スライド制度」。家賃スライド制度が適用される物件では、契約日から入居日までの家賃は発生しません。費用を負担することなく物件を「予約」できるため、できるだけ早くお気に入りの物件を抑えておきたい人にとって大変便利な制度と言えるでしょう。
10月頃から受付を開始している物件もありますので、早い時期に推薦入試などで進学する学校が決まっている人にも安心です。

家賃スライド制度に類似したもので「フリーレント」と呼ばれる物件もあります。フリーレントの物件では、入居日から一定期間家賃が無料となるため、新生活に必要な初期費用を大幅に節約できるメリットがあります。ただし、フリーレントの物件では、契約期間途中の解約で違約金が発生するなど、いくつかの条件が課される場合があるため、慎重に選ぶ必要があります。

部屋の契約が済んでも、荷物の整理や家具、家電の購入など、短期間のうちにやらなくてはいけないことが沢山あります。初めての経験が多いかもしれませんが、一人暮らしを始める上で大きな自信にもなっていきますので、不動産会社の担当者にアドバイスを仰ぎながら、一つ一つしっかりと進めていくようにしましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
7/2(日) 9(日) 16(日) 23(日) 30(日)

AO選抜生セミナー&AO面接対策講座 同日午前中開催!

留学特別イベント 7/17(祝・月)
夜間部特別イベント 7/22(土) 23(日)
高校1・2年生限定オープンキャンパス 8/3(木)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。