専門学生の一人暮らしに適した間取りとは?

専門学生の一人暮らしに適した間取りとは?

専門学生の一人暮らしに適しているのはどのような間取りの部屋なのでしょうか。間取りの見方、物件の下見(内見)をする際の注意点など、押さえておきたいことはいろいろあります。ここではそれら物件の確認ポイントについて解説しましょう。

一人暮らしに適した間取りって?

一人暮らし用として多い間取りと言えば、都市部ではワンルームか1Kが主流です。それぞれどんな間取りかなのかを見てみます。

ワンルーム

ワンルームは部屋が1つで、キッチンが同じ部屋内に備わっているという間取りです。部屋の広さは6帖~8帖が一般的で、浴室はトイレと一体化しているタイプのユニットバスが大半です。クローゼット(収納)は1つが一般的でしょう。キッチンは1人で生活する上では充分な広さがありますが、ワンルームはキッチンと居室が同じなので、料理をするとニオイが部屋に充満してしまう場合も。ただ、換気扇を回したり窓を開けるなどすればほぼ問題はなく使用することができるでしょう。

1K

1Kはワンルームと違って、キッチンが居室と別になっています。広さは居室が6帖、キッチンが3帖といったところが一般的で、2つの部屋がドアやアコーディオンカーテンで仕切られていることが多いでしょう。キッチンは少し広めで、クローゼットは1つか、場合によっては2つあるところも。浴室とトイレは別々の物件もあります。ワンルームに近い作りになりますが、台所と居室が別れているのが大きな違いと言えるでしょう。

この他には、ダイニングキッチンがある1DKに住む人もいます。ダイニングは食事がとれるくらいの広さになり、収納も複数あるなど住みやすくなるでしょう。その分、家賃は高くなるので、金銭的に余裕があるか、郊外や地方都市に住む人向けと言えます。なお、ダイニングが8帖以上だと1DLK、居室が2つにキッチンが付いているなら2Kになります。

一人暮らしで収納スペースは貴重

下見の際には収納の広さがどれくらいなのかもよく確認してください。特にワンルームは居室以外に部屋がないため、クローゼットが有効に活用できればものが片付けられて住みやすくなります。
逆に言えば、居室は狭くても収納がたっぷり確保されていれば、広い生活スペースが作れるということです。1Kでも基本は同じです。もしもスペースを上手に活用した複数の収納が作ってあるような部屋に出会えれば、使いやすく親切な設計の物件と言えるでしょう。

部屋の位置もチェックしよう

階数、角部屋かどうか、エレベーターや階段から近いか遠いかもしっかりチェックを。これらは好みもありますが、基本的に建物内の人の行き来が少ない場所にある部屋の方が使いやすいでしょう。
窓がどちら向きで、日当たりがどうかも気になるところです。南や東南向きが理想ですが、少しでも安いところに住みたいなら妥協ポイントにできるかもしれません。

また、外が大きな道路や線路に面していると騒音が気になります。さらには、昼間と夜では周囲の様子が変わることがあるので、気に入った物件があったら昼と夜の違う時間帯に様子を見に行ってみると有益な情報が得られるでしょう。

水回りの設備や間取りも大事

浴室とトイレが一体化しているユニットバスか、別々かは気になるポイントです。一緒でも構わないという人なら、その分、少し安い物件に出会えるかもしれません。

別々でないと嫌だという人も、最近はこのタイプの物件が増えているので諦めずに納得できる物件を探してみてください。

「トイレはウォシュレットが付いている方がいい」、「浴槽にある程度の大きさが欲しい」、「洗面所が使いやすくなければダメ……」など、水回りはそれぞれの好みが出るところでもあります。それぞれのチェックポイントを決めてしっかり見ることが大切です。

一人暮らしの物件を探す時には、必ず実際に現地に足を運んで間取りや細部をチェックするようにしましょう。その際には上記のポイントを覚えておいて、参考にしてみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
8/20(日) 27(日) 30(水)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。