留学先紹介! カスケーディアコミュニティカレッジの魅力

留学先紹介! カスケーディアコミュニティカレッジの魅力

現在アメリカには、1,200以上のコミュニティカレッジがあり、その中でも人気が高いのが、カスケーディアコミュニティカレッジです(2015年よりカスケーディアカレッジ)。4年制大学へのステップアップも見込めることから、日本人の間でも人気のある留学先になっています。
今回は、そのカスケーディアカレッジについて、歴史を始めさまざまな内容を紹介していきましょう。

カスケーディアカレッジとは?

州立2年制大学であるカスケーディアカレッジは、2000年に創立した比較的新しいカレッジです。実は、アメリカの雑誌である「Washington Monthly」において、2007年に「全米コミカレランキング(※)」で2位になったという実績があります。

シアトルの中心部から北東に車で20~30分程移動した場所に、同カレッジがあります。その周辺は美しい自然に囲まれており、米国ののどかな環境における生活を堪能することができるでしょう。

学校の規模は3,000~4,000人で、日本人留学生が比較的少ないので必然的に英語を話さなければいけない環境に身を置くことになり、英語力を磨くチャンスになります。ネイティブや他国の留学生と盛んに交流することで、語学だけではなくその国の文化を始めさまざまな体験ができるでしょう。

同カレッジと同じ敷地内には、4年制大学であるワシントン大学ボセル校があり、そこは図書室やコンピューターラボといった設備が整い、カスケーディアカレッジの学生は自由に使うことができます。卒業後、ワシントン大学への進学率が高く、多くの卒業生が同大学へ編入しています。ワシントン大学へ編入することができれば、さらに高度な技術や専門的知識、ハイレベルな英語力を身に付けられるでしょう。

※全米コミカレランキング:アメリカのコミュニティカレッジに関するランキング

留学に必要な英語力と主な専攻分野

カスケーディアカレッジでは、入学に必要な英語力は、TOEFLiBTテストで71点以上とされています。ただし、留学生向けの英語コースではTOEFLテストのような英語力の証明が必要ありません。
カレッジが提供する英語コースではレベルが多数あり、専門的な内容まで学ぶことができます。

また、カスケーディアコミュニティカレッジでは、一般教養、ビジネス、コミュニケーション、航空宇宙学、芸術、コンピューター、生物学、音楽、政治学、物理学、スポーツ、社会科学、教育学、化学といった分野を専攻することができます。
専門的な分野を始め、語学系や技術系、芸術系など、豊富なプログラムが学生に提供されていることがお分かりでしょう。

入学時期と留学費の目安について

大学の授業は、年4学期のクオーター制で行われ、1月、3月、6月、9月の年4回入学のチャンスがあります。日本の大学は、前期と後期でプログラムが分かれているため、学年が切り替わる3月に休学届を出してから留学すると良いでしょう。

1学年における授業料は、およそ9,235ドル(およそ113万円)とされており、留学先では別途書籍代や健康保険代、食費、交通費といった費用が必要になります。留学をする際には、余裕をもって資金を準備しましょう。

大学として人気が高いカスケーディアカレッジは、充実した設備と豊富なプログラムが魅力的です。また、2000年に創立されたばかりの新しい大学ということもあり、最新の設備の元で学ぶことができます。
留学に興味を持っている人は、カスケーディアカレッジを留学先の候補にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。