英語の資格、TOEFLとTOEICの違いとは

英語の資格、TOEFLとTOEICの違いとは

日本で有名な英語力判定テストは2種類あります。大まかにいってしまうと学術系の英語スキルを測定するテストが「TOEFL」、コミュニケーションスキルを測定するためのテストが「TOEIC」です。どちらも英語力判定テストですが、その目的は大きく異なります。今回は、混同されがちなTOEFLとTOEICの違いについて詳しく説明していきます。

TOEFLとは?

TOEFLはネイティブ以外の人々を対象にした、英語を使ったコミュニケーション能力レベルを測るためのテストで、アメリカの教育団体「ETS」が1964年に始めました。日本では主に留学したい人の英語レベルが海外に行っても通用するかどうかを判定するために行われています。

TOEFLの受験科目は「リーディング」「スピーキング」「リスニング」「ライティング」の4科目。受験時間はその時によって異なりますが、4時間~4時間半の間です。昔は筆記形式やマークシート形式のテストでしたが、今はインターネットを使ったテスト形式になります。TOEFLは120点満点で、この得点によって現時点における英語の実力が評価されます。

TOEICとは?

1964年にTOEFLが作られましたが、英語に不慣れな昔の日本人には難しすぎたため、もう少し簡単なテストが必要でした。そこで日本経済団体連合会と通商産業省は1979年にTOEFLを作成したETSに難易度を下げた試験の作成を依頼。こうして作られた英語レベルを判断するテストがTOEICです。1982年には近隣の国まで拡がりましたが全世界規模の認知度は低く、どんなにTOIECの得点が高くても日本や近隣諸国以外では評価されない可能性が高いようです。

TOIECの試験科目は「リスニング」「リーディング」の2科目でリスニング終了後に10分の休憩があります。マークシートを使ったテスト方式です。受験時間はリスニングが45分でリーディングが75分の合計2時間。TOEICは990点満点で、主に日本国内の企業が応募者の英語レベルを判断するために用いられます。

TOEICとTOEFLどっちを受けるべき?

世界で認められているTOEFL

TOEFLは世界中の非ネイティブを対象としたテストです。そのため海外で活動する人にとってはとても重要なテストといえるでしょう。留学や海外インターンシップ、海外での就職などを考えている人はTOEFLで高得点を取ることが条件になったり、ひとつの指標となったりする場合が多いようです。TOEFLの得点が世界における英語力の評価になりますから、より高得点を目指して勉学に励みましょう。

日本または近隣諸国での就職ならTOEIC

TOIECは全世界では認められてはいませんが、日本または近隣諸国であれば英語スキルの指標になります。また、TOEICのスコアが高いと生徒に奨学金を与える「ホスピタリティ ツーリズム専門学校」という学校もあります。TOEICのスコアが高ければ就職活動も有利になりますので、就職活動を有利に進めたい人、留学をするために専門学校に入学する人などは、TOEICを受験するのがおすすめです。

TOEFLとTOIECの違いについて説明してきました。どちらもハイスコアを目指すことができれば一番よいのですが時間に限りがありますので、今回の内容を参考に自分に合ったテストを受けましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。