留学ビザでアルバイトをしても良いの?

留学ビザでアルバイトをしても良いの?

留学中はアルバイトより勉学に専念したいところです。そのために、留学する前から定期的に貯金しておく必要があるでしょう。しかし、何が起こるかわからないのが海外留学。途中で資金が足りなくなるかもしれません。そんなときに、お金を稼ぐ方法がなければ困ります。そこで今回は、留学中のアルバイトについてご説明します。

留学ビザでアルバイトはできるの?

留学ビザで海外生活を送る場合、ほとんどの国は原則として労働を禁止しています。国別にどのような決まりがあるか確認してみましょう

アメリカ

アルバイトは原則で禁止しています。違反すると不法就労になり、永久入国不可という厳しい処分が下される場合もあるようです。大学や大学院であれば、細かい条件はありますが、キャンパス内で週20時間以内のアルバイトが可能です。

イギリス

すべては入国時の審査次第。就労禁止のスタンプが押されたら、どんな条件であっても就労不可能。6ヵ月以上滞在する予定の学生は、就労可とスタンプを押されたら、週20時間以内のアルバイトができます。長期休暇中の就労に関しては制限がありません。

オーストラリア

週20時間以内なら仕事ができます。

カナダ

留学ビザで仕事はできません。

どの国においてもあまり勤務できないため、多くのお金を稼げません。給料はお小遣い程度に考えるのがよいでしょう。

アメリカで働く唯一の方法「On-campus Job(オンキャンパス就労)」

大学に在学して2年経過してから、就労しても成績に問題ないと学校側に判断された場合に限り、週20時間以内なら学校内でアルバイトをすることができます。この制度を「On-campus Job(オンキャンパス就労)」といいます。

主なアルバイト先は、校内のカフェ、売店、本屋、図書館などです。教授のアシスタントとして働くというケースもあります。小遣い程度の給料ですが、留学費用の足しにはなるでしょう。また、「On-campus Job」をきっかけに、学校内に知り合いが増えることも多いようです。

校外で働く方法はないの?

基本的に留学ビザで海外に来ている時点で働くことはできませんが、実際には日本食レストランやハンバーガーショップなどの飲食店で働いている人は多いようです。チップがもらえるので、校内で働くより稼ぐことができるからです。

しかし、多くの国で、そういった行為は違法です。せっかく留学できたのに、移民局に捕まれば強制送還です。最悪の場合、永久に入国が認められないこともあります。

せっかくの学ぶチャンスを違法行為によってダメにしてしまうのは本当にもったいないです。決められたルールの中で最善の行動をし、語学留学の経験を積んでください。

留学中におけるアルバイトは貴重な経験です。学校内でのアルバイトで仲間を増やしたりお金を稼いだりして、留学生活を充実させましょう。しかし、お金を効率良く稼ぐことばかりを考え、違法行為をするのはやめましょう。留学中にアルバイトをすることを検討されている人は、ぜひ上記の内容を参考にしてみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。