テーマパークで働くために必要な資格とは

テーマパークで働くために必要な資格とは

お客さまに夢の時間を提供するテーマパークは、様々な業務に従事するたくさんのスタッフに支えられています。
入場ゲートでチケットを販売するスタッフから、お客さまの案内や整理をするスタッフ、アトラクションを運行するスタッフ、飲食物を販売するスタッフ、そして掃除や整備を行うスタッフなど、たくさんのスタッフがいます。
それぞれの業務によって必要な資質は異なりますが、ここでは一般的に接客スタッフとしてテーマパークに就職する場合の進路についてご紹介します。

テーマパークに就職するには

テーマパークスタッフとして働くためには、そのテーマパークを運営する会社に就職することが一般的です。正社員、契約社員、準社員(パートやアルバイト)など、様々な雇用形態があります。

看護や通訳といった特定職種を除いて、採用条件に資格が求められることはありません。また学歴もあまり重視されないので、特定の学部や学科が有利ということはないでしょう。高校を卒業したら、専門学校や大学、短大で人格と教養を磨くことをおすすめします。

サービス業務に従事するものとして、一定の接客術やトラブルなどへの対応力を身につけておくことは重要です。観光業界や旅行業界を目指す人のための専門学校では、これらのサービススキルを学ぶことができます。

また、外国からのお客さまが多いテーマパークでは、外国語能力も必要となります。外国語検定やTOEICなどを受けておくと、採用選考時に有利になることもあります。

テーマパークに就職したい人がとるべき資格は?

テーマパークの採用条件に求められる資格はありませんが、テーマパークでの職務に必要な知識とスキルを身につけることができる資格は、取得すると有利になる場合があります。

・「サービス接遇検定試験」

財団法人が運営しているビジネス系検定の一つです。
サービス業に対する心構え、お客さま心理の理解から応対スキル、正しい敬語や立ち居振る舞いまでが審査される資格試験です。

・「全国手話検定試験」「手話技能検定試験」

テーマパークには様々な人が訪れますので、手話ができることが有利になる可能性があります。資格としては社会福祉法人が実施する「全国手話検定試験」と、NPO法人が実施する「手話技能検定試験」があります。
全国手話検定試験は手話の知識だけでなく、面接委員と手話で会話をしてコミュニケーション能力を測定する試験であるのに対し、手話技能検定試験は主に手話単語の習熟度を測る試験です。
全国手話検定は5級から1級、手話技能検定は7級から1級があります。どちらも参考図書、対策テキストなどが出版されていますので、自分の能力に合わせて受験すると良いでしょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。