ツアーコンダクターの試験内容について

ツアーコンダクターの試験内容について

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)は、旅程管理主任者の資格を持っていなければ主任添乗員としてツアー旅行の添乗業務を行うことはできません。
ここでは、国家資格に準ずる公的資格である旅程管理主任者の資格を取るための流れと、その内容についてご紹介します。

旅程管理主任者資格取得までの流れ

旅程管理主任者(ツアーコンダクター)の資格を取得するためには、観光庁長官によって登録された研修機関(日本旅行業協会や全国旅行業協会など)が主催する旅程管理研修を受け、さらに所定の添乗実務経験を積む必要があります。
受験資格は18歳以上で、協会会員である添乗員派遣会社に所属するか、既に旅行会社に就業しているという条件を満たした人のみが研修を受けられる対象となります。

資格取得までの流れは次の通りです。

基礎添乗業務研修の受講(eラーニングの受講も可)
   ↓
国内旅程管理指定研修、もしくは総合旅程管理指定研修の受講(講義とテスト)
   ↓
添乗実務の経験
   ↓
旅程管理主任者の資格取得

それぞれの研修科目は下記の通りです。

・ 基礎添乗業務研修

  1. 1.乗員の仕事とはどういうものか
  2. 2.添乗サービスの基本
  3. 3.添乗業務の役割と仕組み
  4. 4.国内添乗業務の流れ
  5. 5.海外添乗業務の流れ

この研修では、添乗員の心得や基本的な業務を学びます。
なお日本添乗サービス協会では、eラーニングでパソコンを使って学ぶこともできます。

・ 国内旅程管理指定研修

  1. 1.内添乗実務
  2. 2.乗員の地位と責任(旅行業法令、各種約款)

この研修では標準旅行業約款や、JRや国内主要航空会社などの運賃料金計算といった内容を学びます。
日本添乗サービス協会の場合、研修期間は2日になります。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、広島、福岡、鹿児島、那覇で随時開催されています。

・ 総合旅程管理指定研修

  1. 1.外添乗事務
  2. 2.添乗外国語(英語)
  3. 3.国内添乗実務
  4. 4.乗員の地位と責任(旅行業法令、各種約款)

この研修では標準旅行業約款に加え、国際航空運賃計算や出入国管理法令を学びます。
日本添乗サービス協会の場合、研修期間は3日間になります。国内旅程管理指定研修同様の場所で随時開催されています。

・ 添乗実務経験

実務の経験を受けるには、旅程管理研修の課程を修了した日の前後1年半以内に1回以上、または研修を修了した日から3年以内に2回以上受けなければいけません。
国内旅程管理主任者は国内ツアーに、総合旅程管理主任者は海外ツアーに参加し、「ツアーに補助添乗員として同行する」、「手配旅行に添乗員として同行する」、「協会主催の研修ツアーに参加する」のいずれかを経験しなくてはなりません。

旅程管理主任者資格を取るための研修にかかる費用は、国内主任者は26,000円、総合主任者は語学教本無しの場合36,000円で、中国語を受講する場合には別途3,000円が必要です。

それぞれの研修では筆記テストが実施されます。詳しい日程や研修内容等は登録機関(日本旅行業協会、全国旅行業協会、(社)日本添乗サービス協会など)のホームページ等で確認することができます。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
11/4(日) 11/18(日) 12/9(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。