ツアーコンダクターに求められるスキルについて

ツアーコンダクターに求められるスキルについて

人気職種の一つである旅程管理主任者(ツアーコンダクター)は、国内外の観光地を巡りながら、旅行者にその土地の魅力を提供できる大変やりがいのある仕事です。
たくさん旅行ができて楽しそうと思う方も多いかもしれませんが、旅行者の安全確保のために24時間態勢で備えるなど、実は心身の負担が大きい仕事であると言えます。
ここでは旅程管理主任者に求められるスキルについてご紹介します。

旅程管理主任者に向いている人

旅程管理主任者として働くのなら、旅が好きであることは大前提でしょう。旅行中は24時間体制で旅行者の要望や相談に応じなくてはならないハードな仕事ですから、旅をすることに魅力を感じて、それを仕事のモチベーションに繋げられる人が向いていると言えます。
また、旅程管理主任者の仕事は観光地の案内、旅先についての情報収集、現地での各種手配、トラブル対応など多岐に渡ります。

それを踏まえて、旅程管理主任者には、「人と関わることが苦にならない」、「人のために何かをするのが好き」、「人を喜ばせることにやりがいや喜びを感じる」、「フットワークが軽く、好奇心が旺盛」といったタイプの人が採用される傾向にあるようです。

旅程管理主任者に必要なスキル

旅のスペシャリストである旅程管理主任者が、仕事をする上で必要なスキルを下記にまとめました。

1.統率力……

ツアー客の多い少ないに関わらず、人をまとめる統率力は不可欠です。集団行動に必要なルールを守るよう働きかけ、ツアーを円滑、安全に進めるために強いリーダーシップを発揮することが、旅程管理主任者には求められます。

2.高いコミュニケーションスキル……

表情や仕草などからツアー客一人ひとりが何を求めているのかを読み取り、さりげない会話から相手との信頼関係を築く必要があります。また、ツアー客だけでなく旅先の関係機関と十分な連携をはかるためにも、高いコミュニケーションスキルが必須です。

3.冷静さ……

旅行先ではいつどのようなトラブルが起きるか予測不能です。予想外のトラブルに遭遇した場合でも、冷静かつ迅速に対処し、旅行者に不安を与えることなく問題を解決しなければなりません。

4.問題回避能力……

旅先で起こりうる問題をあらかじめ想定し、その問題の解決方法を事前に把握しておかなければなりません。
そのためにも、普段からアンテナを広げて情報収集しておくことが大切です。

5.語学力……

海外旅行の場合は、現地関係者とのやりとりや旅行先でのトラブル解決のために語学力が必要です。日常会話レベルの英語は当然できた方が良いでしょう。仕事の幅を広げるためにも、英語以外の言語も習得することをおすすめします。

旅程管理主任者の仕事は楽しいだけではなく、旅行者の安全を守るために24時間体制で臨むなど、心身の負担が大きいところもあります。

ですが、旅行者に「ありがとう」と言われた時に非常にやりがいを感じる仕事でもあります。旅行の仕事に興味のある人は、ぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

秋のオープンキャンパス開催
10/21(日) 11/4(日) 11/18(日)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。