通訳案内士に必要な資格とは

通訳案内士に必要な資格とは

通訳案内士は、旅行やビジネスで日本を訪れる外国のお客様に、観光地の案内をしたり日本の文化や伝統を説明したりする職業です。とてもやりがいのある仕事ですが、誰でもすぐに通訳案内士になれるわけではありません。外国語のスキルがあることを証明する国家資格を取得しなければいけないのです。では、その資格とはいったいどのような内容なのでしょうか?

通訳案内士の国家資格取得が必要となる

「外国語が得意だから通訳案内士を目指そう!」といった入り口で通訳案内士を目指す人は少なくないでしょう。ただ通訳案内士になるためには、国家資格が必須です。

通訳案内士の国家資格は通訳案内士法によって定められたもので、国土交通省から認定を受けた公的な資格。受験にあたって特別な制限はなく、やる気さえあれば誰もがチャレンジできます。ただ、試験には外国語の出題が含まれるため、外国語に堪能でなければ合格は難しいでしょう。

通訳案内士試験の詳しい内容を知りたい!

それでは、通訳案内士の試験内容について紹介します。
国土交通省のウェブサイトで発表されている、通訳案内士になるための試験内容は、以下の通りです。

試験語学

英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア 語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語

受験資格

年齢、性別、学歴その他の制限はなし

第1次試験  外国語の筆記試験、日本地理、日本歴史、産業、経済、政治及び文化に関する一般常識

第2次試験  通訳案内の実務(筆記試験で選択した外国語による実践的コミュニケーション能力。人物考査を含む。)

1次試験は筆記試験で、それにパスした人が2次試験で口述試験を受けることができます。
2次試験は、1次試験で選択した外国語を使用し、案内の際に必要とされる実践的なコミュニケーション能力を測る試験です。試験中に人物考査も行われるため、態度や仕草には十分に注意しましょう。

資格を取得するためにやっておきたいことは?

通訳案内士の資格試験では、上記のとおり筆記試験と口述試験が実施されます。筆記試験に関しては、きちんと勉強を重ねることで独学での突破も可能とされますが、口述試験に関してはコミュニケーション能力が必要となるため、外国語でのプレゼンテーションや会話に慣れておきたいところです。

そのひとつの手段として海外への留学が挙げられます。言語の勉強になるだけでなく、現地の文化を知ることができ、外国人に対する接し方を直に学べる良い機会となるはずです。
学生の人であれば特に時間の確保がしやすいため、積極的に足を運んでみてはいかがでしょうか。
すでに社会人として働いている人は時間の確保が難しいかもしれませんが、本格的に目指すのであれば検討してみる価値はあると言えます。

通訳案内士の国家試験には言語力が必須です。筆記、会話ともに高い能力が求められるので、受験前はきちんと対策を取るようにしましょう。例えば、早い段階から希望の外国語を決めておくのも有効的な手段となります。これから通訳案内士を目指す人はもちろん、すでに目指している人も、こちらの内容を参考に試験対策に取り組んでみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。