通訳案内士の仕事内容

通訳案内士の仕事内容

みなさんは「通訳案内士」という職業をご存じでしょうか? 通訳案内士は外国語の通訳に加えて、観光名所をはじめとするさまざまなサポートを行う仕事です。主に外国人観光客がお客様となりますが、日本を知ってもらい、文化的な交流を図るというとても大切な役割を果たしています。
今回は、そんな通訳案内士について解説します。

通訳案内士のことを詳しく知ろう

通訳案内士は、旅行などで日本に訪れた外国の方のお客様に対して、外国語でのガイドを行う仕事です。以前は「通訳ガイド」とも呼ばれていたため、人によってはこの呼び方のほうが馴染み深いかもしれません。
また、日本の魅力を伝える役目を担い、外国の方が持つ日本のイメージを大きく左右する存在でもあり、「民間外交官」などと呼ばれたりすることもあります。

通訳案内士になるには、「通訳案内士」の国家資格が必須であり、取得のためには試験をパスしなければいけません。その後、日本観光通訳協会や旅行代理店などへ登録することで、仕事を受けることができるようになります。
また基本的にフリーランスの仕事であり、仕事量を増やしたいときには営業活動が必要です。

訪日者の気持ちを読みとり案内をする

来日者の多くが興味を持つのは、日本の文化や伝統、生活習慣についてだと言われています。通訳案内士は外国の方のお客様と上手くコミュニケーションをとりながら、このような情報を理解した上で分かりやすく案内をしなければいけません。
もちろんその際には、外国の方から質問を受けることもあり、適切な解答ができるだけの豊富な知識量が求められます。
しかも、近年は日本好きの外国の方が増えていることから、より深い知識が求められるようにもなっています。

また、宿泊先の確認や旅行スケジュールの確認、さらにはホテルのチェックインおよびチェックアウトの手続きを代行するなど、いわゆるツアーガイドのような業務を行うこともあります。

さまざまな場面で活躍する通訳案内士の仕事

通訳案内士の主な仕事内容は、各地の観光案内です。名所巡りだけでなく、茶道教室や陶芸をはじめとする日本ならではの体験レッスンのサポートも担当することがあります。
教室での指導者と外国の方との橋渡しを行うため、より楽しんでもらえるように意思疎通をスムーズに行えるよう努めなければいけません。このような観光案内の満足度は、通訳案内士の腕に左右されるとっても過言ではありません。

また、来日者の中には視察や会議といったビジネス目的の人も多数いらっしゃいます。そういったお客様が落ち着いてビジネスに集中できるよう、そして余暇を充実させられるようサポートするのも通訳案内士の仕事のひとつと言えるでしょう。

ここまで解説した通り、通訳案内士は日本と外国を繋ぐ役割を果たしており、とてもやりがいのある職業です。さらに、外国の方とのコミュニケーションや、日本のことをより詳しく学ばなければいけないという仕事柄、国内外の知識が仕事を通して深まっていくことでしょう。通訳案内士を目指している人は、ぜひこちらで紹介した内容を参考にしてみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。