ツアーオペレーターになるためには

ツアーオペレーターになるためには

ツアーオペレーターは、お客様が海外旅行に行く際に、航空券、ホテル、アクティビティ、レストラン、送迎などの手配を行う仕事です。仕事を通して諸外国の知識を得ることができるため、知的好奇心が旺盛な人に人気の職業となっています。
もしかすると、みなさんの中にも憧れを抱いている人がいるかもしれません。
そこで今回は、ツアーオペレーターになる方法について解説します。

ツアーオペレーターになるためのルート

ツアーオペレーターになるには、観光関連の知識を学ぶことのできる短大や大学、専門学校を卒業するのが近道となります。在学中は旅行に関する知識に加えて、語学力を高めておくと、のちに大きく活かせるでしょう。

卒業後の就職先については、日本国内の旅行会社か現地の旅行会社への就職が一般的です。ただ、ほかにもツアーオペレーター専門会社などの選択肢もあるため、それぞれをよくチェックした上で、自分に合った就職先を選ぶようにしましょう。

ツアーオペレーターにはどんな資格が必要?

ツアーオペレーターには、必須となる資格がありません。しかし、海外のホテルやアクティビティ、ガイドなどを手配するのが主な仕事であり、語学力を持っていたほうが活躍の幅は広がります。
例えば、語学系の資格やAXESS実用検定などの取得は、就職の際のアピールポイントとなると言われています。

また、各国の文化や最新情報を学んでおくと、実際にツアーオペレーターになったときに活躍できるでしょう。なぜなら、現地スタッフとの連携を図るにあたって、適切なアプローチが見込めるようになるからです。日頃から情報収集を欠かさないようにするのはもちろん、実際に海外旅行に出かけ、異国文化に触れてみると良いかもしれません。

ツアーオペレーターの将来性とやりがいについて

ツアーオペレーターは海外旅行者のサポートを行う仕事であり、景気に左右されやすい職業だと言われています。
ただ、長期休暇に入ると毎年一定数の旅行者がいるため、仕事がゼロになるということは考えにくいでしょう。
オリンピックやワールドカップといった大規模イベントが近づくと、必然的に業界全体が活性化する傾向もあり、将来的な見込みもあると言えます。

やりがいについては、ほかの職業と比べても、達成感や充実感を得やすい職です。世界各国の人々と接するために毎日が刺激的である上、語学力など自分が身に付けてきた技術を活かせる場面が多くあります。
さらに、お客様に提案や企画をして、満足してもらえたときには大きな喜びを感じることができるでしょう。

ツアーオペレーターには特別な資格は必要ありませんが、語学力や海外の知識をはじめとした特別なスキルが求められる仕事です。日ごろの努力が必要となりますが、将来性もやりがいもあるために、目指す価値は十分にあると言えます。自分自身のスキルを磨き続け、ぜひ一線で活躍するようなツアーオペレーターを目指してみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。