ツアーオペレーターの仕事内容

ツアーオペレーターの仕事内容

皆さんは「ツアーオペレーター」という職業をご存じでしょうか? 海外旅行で現地手配を行う際の強い味方です。もしかすると、すでにツアーオペレーターのお世話になっていて、その仕事ぶりに魅力を感じて目指してみたい、と考えている人がいるかもしれません。
そこで今回は、そんなツアーオペレーターについて解説していきます。

ツアーオペレーターの概要を知っておこう!

ツアーオペレーターは、海外旅行における手配を担当する仕事です。航空券、ホテル、食事といった必要最低限のものはもちろん、アクティビティの予約を行うこともあります。

以前までは、電車などの予約が多かったため「ランドオペレーター」と呼ばれることもありましたが、近年は航空券の手配を行うのも珍しくはなくなってきたため、ツアーオペレーターとの名称が定着しています。

手配は、旅行会社からの依頼を受けてから手続きを始めるのが一般的です。お客様の旅行先にいる現地のツアーオペレーターと連携を取りながら、利用する各種施設に働きかけます。

その際、現地の言語を習得していればスムーズにコミュニケーションが取れるため、多様な言語スキルを有していると活躍の幅が広がると言われています。

ただ、現地のツアーオペレーターが日本語に堪能である場合も少なくはなく、必須のスキルというわけではありません。

海外旅行中はどんなサポートをしているの?

それでは具体的にツアーオペレーターがどのようなサポートをしているのか、その仕事内容をひとつずつ見てみましょう。

お客様をホテルへと安全に送り届けるために

海外で現地の空港に到着した際、お客様をホテルへと安全確実に送り届けるために、車および現地スタッフを手配します。もちろんホテルから空港への帰りの車も用意します。

ツアー専用車やツアーガイドの手配を

不慣れな土地でも有効に時間を使って観光ができるよう、ツアー専用車やツアーガイドなどを手配します。この際、観光地に合わせたガイドを選ぶということも重要な役目です。

セキュリティの高いホテル、おすすめのレストランの提案を

清潔で設備が充実しているということはもちろん、セキュリティの高さや従業員の質など、さまざまな点をチェックして、お客様に喜んでいただけるようなホテルを選定し、提案します。
そして食事をする場合は、言語も文化も違う中で、お店を見つけるのはとても大変です。そんなお客様に代わって、現地のおすすめレストランの紹介および予約を行います。

オプショナルツアーやアクティビティの予約を

観光地を巡るオプショナルツアーや、スポーツのアクティビティを楽しめるスポットの予約を行います。

空港での搭乗サポートを

空港での搭乗に関する手続きをサポートしたり、チェックインカウンターまでお客様を誘導したりします。限られた時間の中で行わなければいけないため、責任のある大切な仕事です。

ツアーオペレーターは、このように多数の業務をこなさなければいけない大変な仕事です。それでも、旅行を問題なくスムーズに終えて、お客様に満足してもらえたときは、大きなやりがいを感じられる仕事だと言えるでしょう。ツアーオペレーターを目指している人は、ぜひこちらの内容を参考にしてみてください。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
8/19(日) 8/26(日) 8/29(水)
夏休み明けもオープンキャンパス開催
9/9(日) 9/15(土)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。