旅行会社で働くために必要な資格とは

旅行会社で働くために必要な資格とは

就職にあたって特別な資格が必要なさそうな旅行会社ですが、国家資格である旅行業務取扱管理者資格など、とっておいた方がいい資格がいくつかあります。

旅行業界で働くために有利な資格

観光や旅行関係の仕事に就くためにあると有利な資格としては、「旅行業務取扱管理者」、「旅程管理主任者資格」、「AXESS実用検定試験」、「旅行地理検定」が挙げられます。
一つずつ見ていきましょう。

旅行業務取扱管理者資格

旅行業務取扱管理者資格は、旅行業界で唯一の国家資格です。
旅行会社や旅行代理店などは、営業所ごとに1人以上の旅行業務取扱管理者を配置することが旅行業法で定められているため、有資格者は職場に欠かせない即戦力として採用される可能性が高いでしょう。

試験内容も、旅行業法の内容、宿泊、交通に関する知識など、旅行会社で働くにあたって知っておきたいものばかりです。
国内と海外で種類が違い、国内旅行専門の会社であれば「国内旅行業務取扱管理者」、海外も含む場合は「総合旅行業務取扱管理者」が有効となります。

旅程管理主任者資格

旅程管理主任者資格は、旅行会社のパッケージツアーや団体旅行に同行し、旅行者の案内や旅程管理者をするツアーコンダクター(添乗員)として働くために必要な資格です。
添乗できる「国内旅程管理主任者」と、国内、海外ともに添乗することのできる「総合旅程管理主任者」の2種類があります。
資格取得には、国土交通大臣登録の機関による「旅程管理研修」を修了することと、それに伴うテストの合格、また、旅程管理業務の実務経験が必要になります。

AXESS実用検定試験

AXESS(アクセス)は、旅行・航空業界のコンピュータによる予約システム(CRS)です。
世界中の航空会社やホテルなどとつながり、航空座席の予約や発券業務、ホテルの予約などの操作ができるため、多くの旅行会社で使われています。
それらの操作能力を認定するのがAXESS実用検定試験です。

この資格は、航空券の予約・発券、スケジュールや運賃などの情報確認、ホテルやレンタカー、パッケージツアーの予約、その他旅行客の案内業務全般に活かせる内容になっています。

試験科目は「国内全般」と「国際予約」の2種類があり、それぞれ1~3級が設けられています。受験資格は、旅行・航空業界などでAXESSを操作されている人、また、専門学校・短大・大学・高校でAXESS操作研修を受けた人を対象に実施されています。

旅行地理検定試験

旅行地理検定試験は、旅先の知識を深め、より楽しく、充実した旅行にすることを目的にした試験です。国内外の地勢や環境、観光地や観光資源の知識について認定する試験で、通称「地理検」とも呼ばれています。
旅行会社勤務中でもキャリアアップのために取得することがあります。
試験は国内と海外の2種類があり、それぞれ1級から4級まであります。2~4級はインターネットを利用して自宅や職場からの受験も可能です。

人柄をみがくことも大事

これらの資格を持っていなければ旅行会社に絶対就職できないというわけではありません。
中には実務経験が必要な資格もありますし、一般的には、まずは旅行会社に入社して、そこから資格取得に向けて勉強や経験を重ねていくというケースが多いようです。

実際、旅行会社で働いた経験のある人によれば、「何より人柄重視」という声も聞きます。旅行の仕事といっても、多岐にわたるため、どんな資格を持っているかよりも、まずはコミュニケーション力や柔軟性、企画提案能力といったものを求められることが多い傾向があります。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

夏のオープンキャンパス開催
6/17(日) 6/24(日) 7/1(日) 7/8(日)
長期留学特別イベント
7/16(月)
予約受付中
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。