専門学校での勉強とアルバイトを両立させる方法とは?

専門学校での勉強とアルバイトを両立させる方法とは?

専門学校に通うにはそれなりの費用がかかるので、アルバイトしながら通学したいと考える人は多いと思います。働きながら学びたいなら、学校を選ぶ際にもアルバイトを選ぶ際にも、両立可能かどうかを考える必要があります。ここでは、専門学校とアルバイトを両立する方法について考えてみます。

学業と両立できるアルバイトを選ぶ

専門学校生がアルバイトを選ぶ際にいちばん意識しなければいけないのは、勤務日数や勤務時間です。学生は学校の授業を優先させる必要があるので、月曜日から金曜日まで毎日続けて朝から晩まで働くというわけにはいきません。となると、勤務日数が少なく、シフトの融通がきくアルバイトが良いということになります。

また、学業と両立させるためには、時間を効率よく使うことを考えなければいけません。学校や自宅から距離が近いところでアルバイトをすることにより、移動の時間を無駄にせずにすみます。

さらに、アルバイトを選ぶときにも、将来の仕事に活かせる仕事にした方がいいでしょう。専門学校では職業に直結するスキルを学びますから、勉強したことをアルバイト先ですぐに活かせることもあります。アルバイト先での経験が学校での勉強を補う形になれば、より実践的なスキルを身につけることができるでしょう。

アルバイトしながら通える学校を選ぶ

学費を捻出するために、学校と両立して確実にアルバイトをしたいと考えている人もいるでしょう。その場合には、学校を選ぶ際に慎重にならなくてはいけません。

専門学校の中には、昼間の課程だけでなく、夜間課程も設けているところもあります。昼間になるべくしっかりと長時間アルバイトをしたい場合には、夜間課程を検討するようにしましょう。

昼間課程を選ぶ場合には、事前にアルバイトについて学校側に確認しておくことをおすすめします。学ぶ内容によっては、両立が困難ということで、学校でアルバイトを禁止している場合があります。
学校説明会に参加したときなどには、実際にアルバイトをしている人がどの程度いるのか、課題や実習はどのくらいあるのかなどを聞いておくといいでしょう。

両立のため生活面で意識すべきこと

学業とアルバイトを両立するとなると、非常に忙しくなりますから、時間の使い方を工夫しなければいけません。専門学校では課題や企業実習などが多いこともあります。

1日のスケジューリングとしては、勉学がおろそかにならないようにするために、「アルバイトの時間」や「学校での授業時間」以外に「自宅での学習時間」を確保するようにしましょう。

アルバイトと勉強だけの毎日になってしまうと、息が詰まって続かなくなってしまいます。両立のためには、意識的に息抜きの時間を設けることも大切。趣味がある人は趣味に打ち込んだり、友達と過ごす時間などを確保するようにしましょう。学生時代は友達と過ごす時間も勉強と同じくらい貴重な時間ですから、その時間を無理して削る必要はありません。オンとオフを切り替えながら、メリハリのある生活を送ることを心がけましょう。

アルバイトをしながら専門学校に通うのは実際にやってみるとなかなか大変で、挫折しそうになることもあるかもしれません。しかし、コツさえつかんでうまく両立ができれば、その後の自信にも繋がります。学生の間に、自分でいろいろと工夫して、貴重な時間を有効に使う術を身につけましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
12/10(日)
高校1・2年生限定オープンキャンパス
12/17(日)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。