専門学校に通いながらアルバイトは出来る?

専門学校に通いながらアルバイトは出来る?

専門学校に通うとなると、授業料をはじめ高額な費用がかかります。学生生活に必要な費用を全て仕送りしてもらうわけにはいかないので、学業のかたわらアルバイトをすることを考える人も多いでしょう。ここでは、専門学校に通いながらできるアルバイトにはどんなものがあるかを見ていきます。

専門学校に通いながらアルバイトはできる?

専門学校に通いながらアルバイトすることが可能かどうかは、学校や学部、学科などにもよるので、一概には言えません。専門学校では2年制や3年制のところが多く、大学に比べるとより専門的な授業もあり、自分の自由になる時間が多くない場合もあります。勉強する内容によっては、アルバイトをすることで単位を取るのが厳しくなることもあるということを認識しておきましょう。

学生はあくまで学業を優先したスケジュールを組まなければいけません。カリキュラムで1週間の授業を確認し、無理のない範囲内でアルバイトを探すことが大切です。

専門学校生はどんなアルバイトを探せば良い?

専門学校では、曜日によって授業が遅く始まったり早く終わったりするのが一般的なので、アルバイトをするにしても、毎日決まった時間に働くというのはなかなか難しいでしょう。

専門学校生の場合、なるべく学校の近くで、時間帯を自由に選べるアルバイトがおすすめです。例えば、授業のない空き時間や夜の時間などをうまく活用して、効率良く収入を得ることができます。

また、授業のない長期休暇には空いている時間が多くなるので、時間を気にせずにアルバイトをすることもできます。この期間に多めにアルバイトをするというのもひとつの方法でしょう。

アルバイトは求人情報サイトや求人情報誌で探すこともできますが、学校の掲示板にも求人が出ていることがあるので、確認してみるといいでしょう。
学校で紹介を受けられるアルバイトは、その学校の学生におすすめの仕事内容になっているので、学業との両立を考える上でも安心です。

専門学校生がアルバイトをする前に確認すること

アルバイトを考えるときには、まず、学校でアルバイトが許可されているかどうかを確認しておきましょう。一部には、アルバイト禁止の専門学校もあります。例えば、看護専門学校などは、授業のスケジュールがハードなため、アルバイトが原則禁止されていることが多くなっています。

アルバイトOKの場合には、特に学校側で推奨しているアルバイトがないかどうかも調べてみましょう。勉強する分野に関係するアルバイトを選べば、授業を理解する上でも役に立つからです。

アルバイトの面接を受ける際のポイント

学生アルバイトを採用する側としては、学校の都合などで急に辞められるのがいちばん困ります。アルバイトで面接を受ける際には、あらかじめどれくらいの期間継続して働けるのかを伝えておいた方が良いでしょう。

授業の都合で働けなくなったり、入れるシフトが少なくなったりする可能性があるのなら、あらかじめアルバイト先に話して了承を得ておくべきです。
学生ですから学業を優先するのが当然ですが、だからと言ってやりかけた仕事を放り出しても良いわけではありません。アルバイトといえども、働くということは責任が発生するということをしっかり認識しておきましょう。

アルバイトをすると学業との両立が厳しくなることもあります。差し迫った必要がない場合には、学業に専念した方が良いこともあるので、アルバイトをするときはよく考えた上で決めるようにしましょう。アルバイトをするときにも、できるだけ学業を優先したスケジュールを組んで働くようにしましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
8/20(日) 27(日) 30(水)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。