専門学生が利用出来る奨学金の種類

専門学生が利用出来る奨学金の種類

専門学校で学ぶために必要な費用をポートする奨学金には、公共団体等が主体となって設置されているものと、学校が独自に設置するものの2種類に大別されます。

応募資格や返済方法は奨学金の種類によって異なるため、自分が応募可能な奨学金の内容について、しっかりと把握しておくことが大切です。
ここでは、利用できる奨学金の種類を説明していきます。

各学校が設けている奨学金

学校が独自に設けている奨学金にも、目的(奨学金の使い道)や返済方法によりさまざまな種類があります。

例えば、入学試験や学内で行われる試験成績の優秀者にのみ応募が許可されているものや、就職活動に特化した奨学金などが挙げられます。

例えば、トラベルジャーナル学園では、夜間部の学生を対象とした奨学金制度も多様に設置しており、学費を卒業後に分割納入するものや、社員寮に住み収入を得ながら通学できるものなど、学生生活を資金面からサポートする仕組みが充実しています。

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構(旧・日本育英会)の奨学金は、日本学生機構が認めた学校に在籍する学生のみ応募できるものです。

定員が決まっているため、成績や学内外での活動などをもとに行う審査によって、支給の有無が決定されます。支給金額は、申し込み時期や通学状況(自宅通学・自宅外通学)によって異なります。
また、返済を完了させる期間や利率も変わるため、申請を検討する際は、高校の先生や学費に関する相談窓口で詳細な情報を確認しておくと安心です。

公共団体の奨学金

公共団体または民間団体、企業などが設置する奨学金は、学校で応募要項を配布していないものも多々あるため、自分からインターネット等で、応募対象者、応募方法等を確認する必要があります。応募時期は、毎年4~5月としているものが目立ちますが、毎年必ず同じ時期に募集が開始されるとは限らないため、情報のチェックは欠かせないでしょう。

中には、大学側が作成した推薦状の提出を求められる場合もあります。また、書類審査だけではなく、筆記試験(論文)や面接試験を課す団体もあり、他の奨学金よりは、ややハードルが高くなっているのも特徴です。

全国各地の地方自治体が設置する奨学金は、該当する地域に就職が決まり、一定期間勤務することを条件に返済を免除または軽減するとしたものが多く、卒業後の進路が明確かつ地元で仕事をしようと考えている人に最適な奨学金と言えるでしょう。

最近では、学費を支払えないことを理由に退学を余儀なくされる学生も少なくないと言われています。また、学費を捻出するために勉学よりもアルバイトの集中せざるを得ない状況にもなりかねません。
経済的な問題で入学を諦めざるを得ない場合や、卒業までの費用捻出に不安がある場合は、奨学金制度が充実している学校をも視野に進路を検討していくのも選択肢の一つです。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
8/20(日) 27(日) 30(水)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。