大学卒業後に専門学校に通うメリットとデメリット

大学卒業後に専門学校に通うメリットとデメリット

専門学校では仕事の現場ですぐに活かせる実践的な知識や技術を習得できますが、企業によっては大卒の学歴を必要とする場合もあるため、大学を卒業してから専門学校に通うという方法もあります。ここでは、大学卒業後に専門学校に通うメリット、デメリットについて考えてみたいと思います。

大学卒業後に専門学校に通うメリットとは?

高校卒業後の進学先として、大学、短期大学、専門学校があります。このうち、すぐに仕事に結びつく技能を学ぶことができるのが専門学校と言えるでしょう。こうしたことから、就職に役立つ実践的な力を身につけたいと、専門学校への進学を考える人も多くなっています。

ただ、就職の際には、採用の条件として学歴も考慮される場合があります。めざす職種によっては、大卒以上の学歴を要求しているところもあるので、選択肢を増やすためには大学を卒業しておいた方がいい場合もあります。

大学卒業後に専門学校で学ぶ場合には、同じ分野でも、大学では学術的、理論的な内容を学ぶことになりますが、専門学校ではより専門的な技術を身につけることができます。職業に直結するスキルが身につくので、就職するときに学生生活で何を学んだか、自信を持って語ることができます。

また、専門学校では就職実績を上げることに力を入れています。就職対策はもちろん、企業との結びつきもあるため、就職の際に手厚いサポートが受けられる専門学校へ進むことにはメリットがあると言えます。

そして、大学の費用は親に負担をしてもらったため、専門学校の学費は自分で捻出したいと考える人も多いことでしょう。大学4年間の学費を稼ぐことは並大抵のことではありませんが、専門学校の場合は通う年数が少ないため、充分可能な範囲です。アルバイトしながらでも通える専門学校はたくさんありますし、夜間課程なら昼間働きながら通学することも可能です。就職やキャリアアップのために勉強を続けたいなら、専門学校へ通うことをぜひ前向きに検討してみましょう。

大学卒業後に専門学校に通うデメリットとは?

大学卒業後に専門学校に通うとなると、また新たに費用がかかってしまいます。大学の学費までは親に負担してもらう場合がほとんどですが、その後の学費も親に負担してもらうというのはなかなか難しいのではないでしょうか。
学費を捻出するために、働きながら専門学校に通うという選択肢もありますが、仕事が忙しくなってしまうと、学業を優先させるのが難しくなってしまいます。

また、大学卒業時には22歳になっていますから、その後専門学校に進学にすれば、卒業する頃は20代半ばということもあります。業界によっては採用の際の年齢制限があり、就職が難しくなってしまうこともあります。

専門学校では現場ですぐに活かせるスキルが身につきます。大学卒業後に専門学校に通うメリット、デメリットについて理解した上で、自分の将来にとって最善の道を選ぶようにしましょう。

おすすめの記事一覧

OPEN CAMPUS

オープンキャンパス・特別イベントに参加する

近日開催!オープンキャンパス
12/10(日)
高校1・2年生限定オープンキャンパス
12/17(日)
イベントを詳しく見る
内定者ゾクゾク! 就職内定速報

SPECIAL CONTENTS

文部科学省の「職業実践専門課程」に認定されました。